西安城壁
西安の城壁は、明時代に作られた城壁で、世界にまだ残っている城壁の中で最大の規模を持つものです。西安の城壁は市街地をぐるっと囲む形で作られていて、ほとんどの部分が元の姿のまま。
周囲13.7km、高さ12mで、城壁の上部が15mと幅広の通路になっているので、自転車を利用して観光する人もいるんですが、歩いて見学する観光客がほとんど。西安の城壁は高いので、そこからの展望が素晴らしく、そこからの景色は絶景です。
城壁には、西門、南門、北門などの門があります。西門はシルクロードの隊商が出発する時に使った門で、その門の近くには、像が建てられていますが、これは、2千年以上も続いたシルクロードの交流を記念して作られたものなんです。
3.西安鐘楼
西安鐘楼は西安の城壁内にあり、釘を全く使わないで造られた木造建築です。建物は外から見ると3階建てのように見えますが、実際中に入ってみると、2階しかありません。外の余分な1階は飾りなんですね。2階のベランダには大きな鐘が吊るされ、昔はこの鐘をついて時を知らせていました。
西安鐘楼は、西安の城壁の真ん中にあって、そこを中心として東西南北に道路が伸びています。鐘楼を観光するときは、地下道を利用します。この地下道には観光客用に、お土産屋さんがたくさんお店を開いて西安の民芸品などを売っています。
鐘楼の2階の広間には中国の民族楽器が飾ってあり、時間を決めて観光客のために中国の音楽を演奏してくれます。夜になると鐘楼がライトアップされるので、昼間とは違った建物の風景を楽しむことができます。
4.イスラム教徒地区
西安の市街地の中心から100mの所にあるイスラム教徒地区は西安のユニークな観光スポットとして人気を集めています。西安はシルクロードの出発点だったので、西側の異文化がたくさん入ってきました。その一つがイスラム教だったんです。現在、この地区の周辺には、約5万人のイスラム教信者が住んでいて、モスクと呼ばれるイスラムの寺院が10院もあります。
それなのに、同じ地域に中国の城隍廟もあるんです。城隍廟というのは、その地域にある城を守る神様を祀るところで、西安の城隍廟は中国の「三大都城隍廟」の一つに数えられています。
また、ここにある「美食街」では2つの文化を同時に味わうことができ観光客に人気です。特に有名なのが、イスラムの「羊の肉」と中国の「肉まん」を合わせた羊の肉まんです。イスラム教徒地区を観光するときはぜひ食べてみてください!
5.西安のモスク清真大寺 
さきほど紹介したようにこの地区にはイスラム教の寺院が10あります。その中心となっているのが清真大寺です。清真大寺は、西安市街地の鼓楼のすぐ近くの化覚巷にあるため、化覚巷清真大寺とも呼ばれています。また、西安の大学習巷の東側にあるため、東大寺という別名もあります。
清真大寺には院が4つあり、第4院は礼拝大殿と呼ばれ、毎日5回礼拝に訪れる約千人の信者を収容する場所になっています。そのため礼拝大殿はかなり大きく1300?あります。礼拝堂の壁には唐草模様などの伝統的なイスラム芸術があしらってあり、またアラビア文字もたくさん見られます。中国という異文化の中にあるもう一つの異文化で、コスモポリタンの西安らしい観光スポットだと言えます。

# by xiantabi | 2019-01-06 11:49 | 海外旅行 | Comments(0)

中国陝西省の省都西安。古くは中国諸王朝の都であった長安でした。この歴史的な街には、多数の文化的な遺産があり、国家歴史文化名城にも指定されています。中でも、「世界八大奇跡」といわれ有名な兵馬俑は、世界遺産にも登録され、多くの観光客が訪れています。その他にも、明朝に建てられた西安鼓楼、「石造の歴史書庫」と言われている碑林博物館など、歴史的に価値ある見どころが満載です。
中国の西安と言えば、孫悟空でおなじみの「西遊記」で知られているところです。西安は古代中国の都で、昔は「長安」という名前で呼ばれていました。長安は1100年以上も中国の都で、現在では世界各国から観光客が訪れます。
西安はまた、シルクロードの東側の出発地点で、イスラム教との文化の十字路でした。長い歴史と多様な文化を持った西安には、偉大でユニークな文化史跡がたくさん残っています。ここでは、そんな西安の見逃したくない観光スポットを12選ご紹介します。
1.秦始皇兵馬俑博物館 
秦始皇兵馬俑博物館は、世界遺産に指定された、西安を代表する史跡の一つです。この史跡発見のエピソードはご存知の方もいるのではないでしょうか。
1,974年、西安に住む農家の楊志発が、水を探して地面を掘った時に、地下の空洞の中にたくさんの陶製の人形が並んでいるのを見つけました。発掘では、兵馬俑と呼ばれる陶製の将軍・兵士・軍馬などの像が約8千本、青銅器が4万点見つかりました。兵馬俑はなんと2千年も前に作られたもの!しかも像の顔の表情は一つ一つ違っているんですよ。
また、色の付いた陶製の像も見つかっていて、最初はどの像もきれいに色がついていたことがわかっています。現在は西安の観光スポットとして整備され、観光客は博物館の窓際に沿って作られた通路から全体を見ることもできます。

# by xiantabi | 2018-12-22 09:37 | 海外旅行 | Comments(0)

華清池
市内から東へ30キロ行った郊外の驪山のふもとにある有名な温泉池である。周代から三千年以上の歴史を持つ。唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスがこの地を最も有名にしている。
3000年前に、この山が爆発して温泉が湧き出たため、歴代の皇帝も、ここを行楽の地として大掛かりな造営をした。玄宗皇帝も華清宮を作り、毎年冬から春にかけて、楊貴妃を伴い、酒楽の日を明け暮れ多くのロマンスを生んだ。「春寒くして浴を賜う華 清の池、温泉の水滑らかに凝脂を洗う。」白楽天の「長恨歌」は二人の愛情を如実に歌うと同時に二人の贅沢きわまった生活振りも反映している。
現在、かつての楊貴妃が「凝脂」を洗っていた浴槽が昔のまま保存されている。楊貴妃が入浴したとされる「海棠湯」は、海棠の花の形をしている。玄宗が入ったといわれている「蓮花湯」と「海棠湯」、「星辰湯」は復元され華清宮御湯遺跡博物館として一般公開されている。湯泉は、現在でも入浴でき、リューマチや関節炎に効果があるという。華清池は、1936年に西安事件が起きた場所としても有名である。
浴場の遺跡
蓮花湯
この華清池は唐の詩人白楽天の「長恨歌」に歌われた唐の玄宗皇帝と楊貴妃とのラブロマンスの舞台として有名。「春寒くして浴を賜う華清宮、温泉の水滑らかにして凝脂を洗う」と楊貴妃がここの温泉で美しい肌を洗ったと言われる。
敷地の中にある御湯遺跡博物館では、楊貴妃が好んで湯浴びした海棠湯、玄宗皇帝と愛を育んだ蓮華湯、宮女専用の尚食湯、太子湯など浴場の遺跡が発掘され、一般に公開されている。
楊貴妃墓
楊貴妃は、原名:楊玉環、中国陝西省出身です。音楽、歌、踊りにも長じた傾国の美女です。唐の皇帝、玄宗の十八番目の息子の妃妻でしたが、玄宗皇帝に見染められ、宮廷の女官になりました。後の天宝四年(745年)、貴妃に封じられました。三十八歳の若さで死んだ楊貴妃は中国古代の「美人」と称されています。
楊貴妃墓は、楊貴妃の衣装を入れた墓です。咸陽市興平県馬?鎮の西側から500メートルに位置し、西安から60キロメートル離れています。玄宗皇帝が寵愛した貴妃の墓として、1200年も経ちました。現在は陝西省の文物保護単位で、中国AA級の観光地です。墓は半球状を呈し、3メートルの高さで、青レンガで積まれています。後ろに高さ6メートルの楊貴妃の大理石塑像があります。歴代の文人が玄宗皇帝とのラブストーリをたくさん書き、楊貴妃墓は世の中によく知られるようになりました。
台形の楊貴妃墓園は山に寄り掛かり、気迫があります。園内には唐献殿、青レンガ墓があり、両側には唐の文人たちが書き付けた詩の石刻32基、300以上の詩が含まれています。園内には勝景園、太真閣、望都亭、観音殿など、唐の時代を真似して建てられた建築もあります。そして、ボタン園や花園、観魚池などもそれぞれ分布しています。

# by xiantabi | 2018-12-15 10:14 | 海外旅行 | Comments(0)

小雁塔
市内の南門から約3キロのところにある。長安のほぼ中心に位置する高さ43.3メートルの塔で、薦福寺の境内に建っている。大雁塔と比べて小さいことからこの名がついた。塔は高僧の義浄が天竺から持ち帰る仏教の経典、仏図などを保存するために建てられる塔です。薦福寺は、684年、則天武后が高宗の崩御百日忌に、その冥福を祈るために、創建した寺であるが、現在は寺院建築は残されていない。当時の塔は15階建てであったが、地震で二階部分が崩れ、現在では13階建てになっている。
小雁塔の「神合」
長い年月の間に、小雁塔には「神合」といわれる歴史的な出来事があった。1487年、震度6クラスの大地震が発生し、塔のまん中に、1本の大きな亀裂が入った。34年後の1521年、再び大地震に見舞われ、その時に、一晩にしてその亀裂がふさがったという。
人々はこれを不思議に思い、小雁塔がもとの状態にもどったことを「神合」と呼んだ。1555年9月、王鶴という役人が故郷へ帰る途中、小雁塔に投宿した。その時、この不思議な「神合」の話を聞いて驚き、その内容を、塔北側の入口の横木に刻んだ。
建国後の修復時、「神合」ではなく「人合」であることが判明した。当時の大工が、西安の地質状況を考えて、塔の基礎部分を、土を固めた半円状にして、揺れを分散させていたのだ。そのため小雁塔は、起き上がりこぼしのように倒れることなく、70回以上の地震にも耐えられたのだ。昔の匠の高度な技術に感嘆せずにはいられない。
乾陵
西安の西北約80キロの乾県に位置する乾陵は、唐代の第3皇帝の高宗、李治和とその皇后で中国唯一の女帝であった武則天(則天武后)の陵墓で、“唐十八陵”の中で保存状態が最もよい皇帝の陵墓といわれている。 また、中国の歴史上で唯一、二人の皇帝が一緒に葬られている珍しい墓でもある。
かつては内壁と外壁で城壁が囲まれていたが、現在外壁はすでに消失している。参道には馬、高宗の葬儀に参列した外国の使節や、武官、文官、献上された動物をかたどった石像が120体ほど並んでいる。
陵墓の南東には太子や皇子、公主(皇帝の娘)など17の陪塚があり、永泰公主、章懐太子、懿徳太子の墓はすでにすでに発掘が済んでおり、4300点あまりの出土品が乾陵博物館に展示されている。 17歳で自害させられた高宗の孫娘、永泰公主の墓に描かれた美しい官女たちの壁画は当時の工芸技術の高さを物語る。
梁山には3つの峰がある。北の峰が海抜1047.9mと一番高く、合葬墓はこの峰にある。南にある二つの峰はそれより低く、東西に対峙するその中央に「司馬道」がある。この二つの峰は「乳峰」と呼ばれる。唐高宗と則天武後の地下宮殿は盗掘にあってないというがまだ未発掘である。博物館は永泰公主墓の側にあり、乾陵を中心とする墓群で発掘された文化財が多数展示されている。墓内には、日本の高松古墳のような壁画が見られる。
唐高宗陵墓碑は、高さ2m。もともとあった碑は破損しており、現在の碑は清乾隆年間に建てられたものだ。この碑の右前方には、郭沫若によって「唐高宗李治与則天皇后之墓」の12文字が書かれた碑がある。

# by xiantabi | 2018-12-14 09:23 | 海外旅行 | Comments(0)

西城門
西安古城壁は、完全に保存されている世界最大の古代城壁として、また世界で最も整った古代の軍事砦として有名である。
現在、西安にある城壁は、唐の長安城を基礎に明の洪武年間(1370年〜1378年)にかけて、レンガを積み重ねて築かれた。
城壁は、周囲13912メートル、高さ12メートル、底の幅18メートル、頂部の広さ15メートルある。
厚さが高さより大きい堅固な城壁である。
南門、北門、西門、和平門、文昌門などから城壁に上ることができる。
唐の時代、西安は長安と呼ばれ、その時中国の茶、陶磁器、文化、科学はシルクロードより世界へ伝播されていた。西安には敵から街を守る擁壁が約14kmの長さで構築され、シルクロードの東の起点に西城門がある。シルクロード交流2100年を記念して、1988年に建てられたキャラバンの群像。
当時は現在の西安城壁のさらに外側に、もうひとつの城壁がありました。群像は その城壁の門があった場所に設けられ、"シルクロード起点"といわれています。
西門(安定門)
西安の城壁で最大の西門はシルクロードの発着点ともなりました。(シルクロードへと続く道は、西側の城楼内にあるお土産やさんの窓から見ることができます)
シルクロード起点の群像
シルクロード交流2100年を記念して、1988年に建てられたキャラバンの群像です。 当時は現在の西安城壁のさらに外側に、もうひとつの城壁がありました。群像は その城壁の門があった場所に設けられ、"シルクロード起点"といわれています。
鐘鼓楼
鐘鼓楼の概要
西安の中心地、城壁内にある木造建築で、すでに600年の歴史がある。高さは36メートル。見た目は三階あるように見えるが、中に入って見ると二階しかない。釘を一切使わず、継ぎ目のない一本柱様式の珍しい建物である。上部には大きな鐘が一つ吊るされ、昔はは人々に時を知らせていたという。600年の歴史がある木造建築で、見た目は三階あるように見えますが、中に入ると二階建てであることがわかります。鐘楼から見た鼓楼には、 大きな太鼓がある 。
鐘楼内部
鐘楼は城壁で囲まれた市街の少し南に寄るが、ほぼ中心に立つ。ここを起点として東西南北に4つの大通りが延び、それぞれの城門に通じている。鐘楼は正方形の木造建築で、高さ36m、敷地1,377?で、8mの煉瓦作りの土台の上に立っている。現在はテープが流されている。外観は三階建ての様に見えるが、実際は二階建ての建築物である。釘を一本も使っていないのが特徴。 鐘楼内部では中国の楽器に よる演奏が催されていました。

# by xiantabi | 2018-12-08 08:26 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com