小雁塔
市内の南門から約3キロのところにある。長安のほぼ中心に位置する高さ43.3メートルの塔で、薦福寺の境内に建っている。大雁塔と比べて小さいことからこの名がついた。塔は高僧の義浄が天竺から持ち帰る仏教の経典、仏図などを保存するために建てられる塔です。薦福寺は、684年、則天武后が高宗の崩御百日忌に、その冥福を祈るために、創建した寺であるが、現在は寺院建築は残されていない。当時の塔は15階建てであったが、地震で二階部分が崩れ、現在では13階建てになっている。
小雁塔の「神合」
長い年月の間に、小雁塔には「神合」といわれる歴史的な出来事があった。1487年、震度6クラスの大地震が発生し、塔のまん中に、1本の大きな亀裂が入った。34年後の1521年、再び大地震に見舞われ、その時に、一晩にしてその亀裂がふさがったという。
人々はこれを不思議に思い、小雁塔がもとの状態にもどったことを「神合」と呼んだ。1555年9月、王鶴という役人が故郷へ帰る途中、小雁塔に投宿した。その時、この不思議な「神合」の話を聞いて驚き、その内容を、塔北側の入口の横木に刻んだ。
建国後の修復時、「神合」ではなく「人合」であることが判明した。当時の大工が、西安の地質状況を考えて、塔の基礎部分を、土を固めた半円状にして、揺れを分散させていたのだ。そのため小雁塔は、起き上がりこぼしのように倒れることなく、70回以上の地震にも耐えられたのだ。昔の匠の高度な技術に感嘆せずにはいられない。
乾陵
西安の西北約80キロの乾県に位置する乾陵は、唐代の第3皇帝の高宗、李治和とその皇后で中国唯一の女帝であった武則天(則天武后)の陵墓で、“唐十八陵”の中で保存状態が最もよい皇帝の陵墓といわれている。 また、中国の歴史上で唯一、二人の皇帝が一緒に葬られている珍しい墓でもある。
かつては内壁と外壁で城壁が囲まれていたが、現在外壁はすでに消失している。参道には馬、高宗の葬儀に参列した外国の使節や、武官、文官、献上された動物をかたどった石像が120体ほど並んでいる。
陵墓の南東には太子や皇子、公主(皇帝の娘)など17の陪塚があり、永泰公主、章懐太子、懿徳太子の墓はすでにすでに発掘が済んでおり、4300点あまりの出土品が乾陵博物館に展示されている。 17歳で自害させられた高宗の孫娘、永泰公主の墓に描かれた美しい官女たちの壁画は当時の工芸技術の高さを物語る。
梁山には3つの峰がある。北の峰が海抜1047.9mと一番高く、合葬墓はこの峰にある。南にある二つの峰はそれより低く、東西に対峙するその中央に「司馬道」がある。この二つの峰は「乳峰」と呼ばれる。唐高宗と則天武後の地下宮殿は盗掘にあってないというがまだ未発掘である。博物館は永泰公主墓の側にあり、乾陵を中心とする墓群で発掘された文化財が多数展示されている。墓内には、日本の高松古墳のような壁画が見られる。
唐高宗陵墓碑は、高さ2m。もともとあった碑は破損しており、現在の碑は清乾隆年間に建てられたものだ。この碑の右前方には、郭沫若によって「唐高宗李治与則天皇后之墓」の12文字が書かれた碑がある。

[PR]
# by xiantabi | 2018-12-14 09:23 | 海外旅行 | Comments(0)

西城門
西安古城壁は、完全に保存されている世界最大の古代城壁として、また世界で最も整った古代の軍事砦として有名である。
現在、西安にある城壁は、唐の長安城を基礎に明の洪武年間(1370年〜1378年)にかけて、レンガを積み重ねて築かれた。
城壁は、周囲13912メートル、高さ12メートル、底の幅18メートル、頂部の広さ15メートルある。
厚さが高さより大きい堅固な城壁である。
南門、北門、西門、和平門、文昌門などから城壁に上ることができる。
唐の時代、西安は長安と呼ばれ、その時中国の茶、陶磁器、文化、科学はシルクロードより世界へ伝播されていた。西安には敵から街を守る擁壁が約14kmの長さで構築され、シルクロードの東の起点に西城門がある。シルクロード交流2100年を記念して、1988年に建てられたキャラバンの群像。
当時は現在の西安城壁のさらに外側に、もうひとつの城壁がありました。群像は その城壁の門があった場所に設けられ、"シルクロード起点"といわれています。
西門(安定門)
西安の城壁で最大の西門はシルクロードの発着点ともなりました。(シルクロードへと続く道は、西側の城楼内にあるお土産やさんの窓から見ることができます)
シルクロード起点の群像
シルクロード交流2100年を記念して、1988年に建てられたキャラバンの群像です。 当時は現在の西安城壁のさらに外側に、もうひとつの城壁がありました。群像は その城壁の門があった場所に設けられ、"シルクロード起点"といわれています。
鐘鼓楼
鐘鼓楼の概要
西安の中心地、城壁内にある木造建築で、すでに600年の歴史がある。高さは36メートル。見た目は三階あるように見えるが、中に入って見ると二階しかない。釘を一切使わず、継ぎ目のない一本柱様式の珍しい建物である。上部には大きな鐘が一つ吊るされ、昔はは人々に時を知らせていたという。600年の歴史がある木造建築で、見た目は三階あるように見えますが、中に入ると二階建てであることがわかります。鐘楼から見た鼓楼には、 大きな太鼓がある 。
鐘楼内部
鐘楼は城壁で囲まれた市街の少し南に寄るが、ほぼ中心に立つ。ここを起点として東西南北に4つの大通りが延び、それぞれの城門に通じている。鐘楼は正方形の木造建築で、高さ36m、敷地1,377?で、8mの煉瓦作りの土台の上に立っている。現在はテープが流されている。外観は三階建ての様に見えるが、実際は二階建ての建築物である。釘を一本も使っていないのが特徴。 鐘楼内部では中国の楽器に よる演奏が催されていました。

[PR]
# by xiantabi | 2018-12-08 08:26 | 海外旅行 | Comments(0)

大明宮遺跡
 大明宮遺跡は、現在の西安市に位置します。唐太宗貞観八年(紀元634年)に建てられ、最初の名前は永安宮といいました。唐高宗から唐代歴代の皇帝はここに住んで、国政事務を処理し、唐の政治と文化の中心地となりました。

 唐大明宮は、中国古代宮殿建築群の傑作として、盛唐の精神と中華民族の燦然たる文化成果を十分に世界に示しています。唐代の最盛期においても、最も雄大な宮殿建築群ですから、世界でも名を知られています。

 2010年10月1日、西安大明宮国家遺跡公園で盛大な開園式が行われました。大明宮遺跡は、人類文化遺産の重要な部分として歴史、科学、技術などの面においてきわめて高い価値を持っています。

 大明宮国家遺跡公園の敷地面積は、3.5平方キロメートルに達し、広さは世界で有名なニューヨーク中央公園とほぼ同じです。大明宮の元の地形と地表の遺跡が、状態良く保存されているだけではなく、西安市の公共空間を激増させています。大明宮国家遺跡公園は、西安市における最大の中央公園で、西安市の発展、都市の面影の改善、文化繁栄の実現に重要な意義を持っています。

 現在、大明宮遺跡の発掘面積は1%しかありません。これから、含元殿と宣政殿の間は考古作業の重点になります。現在の予想では、大明宮遺跡の発掘は少なくとも200年間もかかるそうです。

[PR]
# by xiantabi | 2018-11-30 09:00 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー
 千里の金色の城、兵馬俑、古い城壁は千年の歴史を持ち、帝王都の趣を示しています。
 昔、西安は長安と呼ばれていました。西安の歴史は長いです。文化、習俗、美徳、伝統、糟粕まで含んでいる中華民族の何千年の沈殿や蘊蓄は、ここで静かに引き続いていきます。「長安は古くから帝王の都」といわれています。周・秦・漢・唐の輝かしい歴史を持っている西安はアテネ、カイロ、ローマと世界四大古都と称され、隠しきれない王城のオーラがにじみ出ています。現在、西安の城壁はまだ現存しています。ここの空気の中では、歴史の長い流れの中で遠く去っていった典故と伝奇の味わいがあります。シルクロードのスタートとしてのラクダの鈴、世界各国から拝謁しに来た使臣、一つの油ランプの下で経書を通訳した玄奘、園の中できれいな服装で踊っていた妃などの場面は想像がつきます。大雁塔が高くそびえ、見る限り高いビルばかりです。街のあちこちにいろいろな飲食店があります。書院の中で、古めかしい書画が一つ一つの夕日に染まります。徳福巷にあるたくさんの現代的なバーと喫茶店は若者の夜のパラダイスです。高くそびえ立つ城壁の下を歩くと、ふと、古くて重みのある歴史との奇妙な交錯感が感じられます。 
 西安観光は旅慣れた旅行者であれば一日で十分に楽しむことができます。しかしよりそのたびを充実させ、歴史的な雰囲気に浸りながら博物館の展示品をじっくりと楽しみたい方には最低でも二日はあったほうがよいでしょう。崋山のような見事な山をトレッキングするのと同様に歴史的な名所を巡るのはいかがでしょうか。
 西安に来たら兵馬俑を見ずして帰ることはできません。それはまるで北京で紫禁城を見ないのと同じことです。しかしそれがハイシーズンともなると個人で行くのは少し大変です。というもの兵馬俑にはものすごい数の観光客が訪れ、この歴史的壮大な雰囲気につつまれた光景を写真に収めようとするからです。特徴的な彫刻像が現在もなお発掘されている様子は必見です。さほど詳細な事項については書かれていませんが英語での説明もあり、多少なりとも鑑賞するうえで役立つでしょう。また建物の2と3を見てから1へ行くことをおすすめします。
 西安西線と呼ばれる人気コースの一つ「乾陵」を観光!西安旅行西線の兵馬俑.華清池.碑林博物館.陝西歴史博物館.大雁塔.西城門を巡る!地下宮殿から発見された文物が見逃せない「法門寺」をもご案内!
 世界遺産の「兵馬俑」観光と北京の故宮博物館に並び見所が多い大規模な博物館「歴史博物館」を見学!唐の玄宗皇帝と楊貴妃とのラブロマンスの舞台として有名な華清池と華清池をほとんど網羅のコース!
 西安のシンボルの兵馬俑と大雁塔を満喫!西安より約120KM、雄大さと険しさで古くから中国五岳の華山を登る。途中の北峰まではロープウェーもご利用!最後、ゆったり陝西歴史博物館と千年の城壁をまわる!
 ここは雨の日でも十分に楽しむことができます。また兵馬俑見学後はここから1.5kmほど離れたところに秦の始皇帝の墓があります。見学できる箇所はあまりありません。ですがその規模の大きさは見る価値があります。
 このほかに3つの観光名所をご紹介しましょう。乾陵(複雑な墓)と法門寺(隣接する塔も含む)そして景帝陵です。一般的なツアーでは周ることのない所ですが華清池の北に位置する観光地として要チェックです。
 崋山は堂々たる姿をし、切り立った峰と蜘蛛の巣のように張り巡らされた永遠と続く階段によって完備された歩くことのできる部分とに分けられています。ここにはリフトもあり、それに乗って山を上り下りできます。しかし峰の間を歩くことは本当に刺激的です。
 もちろん数キロ歩くことになりますが崋山へは日帰りできます。個人的にはリフトに乗ることをおすすめしますが峰を歩くこと、石の階段を一段一段、登ってみるといったことも悪くはありません。しかし14000段の階段を上り下りした後は足が痛くなり、きっとエステに行ったよりも足が細くなっていることでしょう。


[PR]
# by xiantabi | 2018-11-15 10:18 | 海外旅行 | Comments(0)

陝西歴史博物館
 唐代の建築様式を取り入れた大規模な博物館で、収蔵点数37万点。そのうちの六千点が常時展示されている。
 原始社会から明の時代までの長い歴史を代表する貴重な文化財がここにまとまって収蔵されているので、中国の五千年の歴史を一度に巡ることができる。
 特に注目を集めているのは唐代の壁画展示で、300平方メートルの唐代の壁画から34枚を厳選し公開している。いずれも中国では最高級のレベルに達している。
 これらの壁画には宮廷生活や楽隊、儀仗隊、狩猟風景などが多彩に描かれている。これらは、中国古代絵画の最も重要な遺産である。
展品の類別
 博物館には、現在115000点以上が所蔵されている。その内、登録されたものは41000点以上、未登録のものは74000点以上。(整理されていない金銭はカウントしない) 大半の収蔵品は陝西省博物館から譲渡されたものだ。収蔵品を大まかに分けると以下の八種類になる。
一、銅器。3900点以上が登録済み。商周代から秦漢までの物があり、その種類は礼器、楽器、兵器、車馬器、生活用品、生産工具など。中でも典型的な品は、商周の青銅器など。
二、唐代墓葬壁画。400幅以上。1000?以上。1952年から1989年に陝西関中地区の25ヶ所あった、唐代の墓から採取したもの。唐代の社会を反映している重要な資料。
陶塑人頭像三、歴代の陶俑。登録済みのものが2000点以上。秦漢、北朝、隋唐、宋元明清の時代の物がある。
四、歴代陶磁器。登録済みのものが5000点以上。有史以前の仰韶文化の彩陶、西周の原始的な青磁、漢代の釉陶、唐三彩、古玻璃、瑠璃、唐秘色磁など。その種類は生活用品、文具、副葬品など。
五、歴代建材。登録済みのものが1000点以上。周秦漢代から唐宋明清のものがある。陶製の瓦、瓦当、レンガ、金属などの建築資材。
六、漢唐銅鏡。登録済みのもの800点以上。種類は豊富で、デザインが美しい。吉祥の文句が彫り込まれたものもある。
獣面具
七、金銀玉器。登録済みのもの2000点以上。西周の玉製の礼器、春秋秦公大墓出土の金の啄木鳥、西漢皇后玉婆など。
八、歴代の貨幣。登録済みのもの10000点以上。種類が豊富。西周の幣、戦国の刀幣、秦の半両、西漢の金など。
これら八種類のほかに、字画、版本、織物、漆器、石器、印、封泥などもある。
陝西省博物館(碑林博物館)
碑林博物館
宋の時代に建てられた孔子廟を利用した博物館で、歴代書家の石碑を数多く収集、展示している。館内は「西安碑林」「歴史陳列」「石刻芸術」に分かれている。
漢代から清代にかけての石碑のコレクションは「西安碑林」と呼ばれ、この博物館の展示物のなかで最も有名。王義之、欧陽詢、顔真卿、虞世南など、書道の大家の作品が立ち並んでいるほか、玄宗皇帝の書もあり、中国最大の書道芸術の宝庫といえる。また、キリスト教の伝来を伝える「大秦景教流行中国碑」も見逃せない。
1950年に創建された陜西省博物館。現在、8万点以上の収蔵品があり、歴史陳列室、石刻芸術陳列室、碑林の3部分に分かれている。現在、館内には碑林と石刻芸術が一堂 に集められ、碑林は特に有名である。
石碑の総数は2000点以上にも上る。その入口に玄宗 皇帝直筆の碑があり、中に65万文字に及ぶ十三経の石碑 が並び、王義之、欧陽通、慮世南、顔真卿ら書道大家の原 刻碑100基も展示されている。キリスト教伝来の「大秦 景教中国碑」も入っている。

[PR]
# by xiantabi | 2018-11-14 10:16 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com