西安市内観光

西安は陝西省の省都で、中国西部の有数の大都市として交通は発達しています。西安は中国大陸の中心に位置し、西北地区は中原、華北と華東と繋がる要所です。西安は隴海蘭新線(隴海線と蘭新線の二つの重要な線路を指し)の交差点です。隴海線(ろうかいせん)は、江蘇省連雲港市と甘粛省蘭州市を連絡する鉄道路線。蘭新線(らんしんせん)は、甘粛省蘭州市から新疆ウイグル自治区ウルムチ市を結ぶ鉄道路線。中国西北の沿線地域で経済の最も発達している西部の中心都市として、東西を貫き、南北を結ぶ重要な地位を保っています。そのほか西安は陝西省の「米」型の鉄道網の交通の要で、中国の国道網の中枢、中国の八つのハブ空港の一つでもあります。

西安咸陽国際空港

西安咸陽国際空港は西安市の北西部、咸陽市の郊外に位置し、西安市中心部から45キロ離れています。空港から西安市までリムジンバスが走っており、所要時間は約1時間です。咸陽国際空港は現在、165の国内線と国際線が就航しており、77都市と繋がっています。国際線は西安からソウル、東京、シンガポール、香港、台北などを結んでいます。

咸陽空港から西安市内まで

タクシー
タクシーの乗り場:ターミナル3(T3)の一階(GTC)で空港内連絡バスを乗り、ターミナル2の一階(到着ロビー)で降りてからタクシーに乗り換えます。西安市内までの料金は約120元です。

西安咸陽空港・リムジンバス
リムジンバスの料金は一人25元で、その他に燃油加算費が1元かかります。リムジンバスの線路は六つあるほか、城西、 城東、城北、城南にあるバスターミナルや西安西駅、鐘楼飯店などでも咸陽空港までの往復バスがあります。

一号線:空港-鐘楼(美伦ホテル)―西安ホテル、 6:00-19:00。毎時定時(6時、7時など)に発車する。
ニ号線:空港-秦豊ホテル-西安駅(解放ホテル)、6:00-19:00。 毎時定時(6時、7時など)に発車する。
三号線:空港-秦都ホテル-榴花ホテル(玉祥門)―西梢门-火炬ビル(西高新)、6:15-18:15。毎時定時(6時15分、7時15分など)ごとに発車する。
四号線:空港-唐城ホテル-東方ホテル-国貿ビル(小寨)、6:00-18:00。毎時定時に発車する。
五号線五号線:空港-皇後大酒店-建国ホテル(金花道)、6:00-18:00。毎時定時に発車する。
六号線:空港-西稍門、6: 00-18:00。毎時定時に発車する。
七号線:(咸陽市行き、料金は15元/人):空港-咸陽駅-人民路(渭城中学/第四中学)―咸陽市政府-民生デパート-彩虹ホテル、7:00-18:00。毎時定時に発車する。

[PR]
by xiantabi | 2018-01-19 12:04 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com