西安観光

兵馬俑博物館内のおもな展示

 博物館は3つの俑坑(1号俑坑、2号俑坑、3号俑坑)と1つの展示ホール(ブロンズ・シャリオ)で構成されています。(俑坑は通常、観光客で混雑しています。経験豊富なガイドによれば、最高の景観は、俑坑の正面の角近くとのことです。

兵馬俑の1号俑坑 - 2,000体の兵が並ぶ

兵馬俑1

 1号俑坑は、規模が飛行機の格納庫ほどある最大でかつ最も印象的なものです。本来、兵士と馬の6,000体以上の陶製の像からなりますが、2,000体ほどが展示されています。最も印象的な兵馬俑の写真はほぼすべて1号俑坑で撮影されています。

 すべての兵士と馬は長方形に配置され東に面していて、それぞれ矛、戈、鈹、戟のいずれかを装備しています。主鋒の前方部隊は、歩兵で3列をなしています。その後方には、重装兵士の主力があり、38台の馬車が同行しています。南、北、西には防衛翼として隊が1列並んでいます。このような壮大な古代軍隊の前に立てば、前進する兵士たちの足音による大地の鼓動を感じることでしょう。すべての人物は、顔の特徴や表情、服装、髪型、身振りが異なり、その当時の軍事、文化、経済史の研究に対して豊かで詳しい資料を与えてくれます。

 この俑坑は、1979年に観光客に開放されました。長さ約210メートル、幅62メートル、底は地面から4.5メートルから6.5メートルまであります。10メートルの土壁が2.5メートル間隔で建設され、9つの巡回廊下を形成しています。

兵馬俑の2号俑坑- 古代の軍隊の謎の解明

 2号3号俑坑の発掘と修復は、まだ進行中です。

 1976年に発掘された2号俑坑は、1号俑坑の約20m北に位置しています。全陵墓のハイライトであり、古代の軍隊の謎を明らかにするものです。2号俑坑は、東西に94メートル、南北に84メートル、深さ5メートルで4つの部隊で構成されており、6000平方メートルからなります。

 最初の部隊には、ひざをついている騎兵と立っている射手の列があります。 2番目の部隊は戦車の戦列です。第3の部隊は、歩兵、戦車、および兵士との混成から成っています。長方形の列に立って並んでおり、最後尾には重装歩兵が含まれています。 4番目の部隊は、厳密に戦闘配列を形づくっています。

兵馬俑の3号俑坑–司令部

 3号俑坑は最小です。わずか68体からなり、その多くには頭がありません。すべての人物はが将校であるため、3号俑坑が司令部であることは明らかです。

彩色兵馬俑

彩色兵馬俑
 兵馬俑とは、陶などを素材とする将軍や兵士、軍馬などの人形です。その兵馬俑多数を収めた巨大な地下室が兵馬俑坑で、普通は中国陝西省にある秦始皇帝(前259~210)の墓所に伴うものを指します。1974年に発見され、世界的ニュースになりました。五つの兵馬俑坑には約8000体もの兵馬俑があるといわれています。それぞれ等身よりやや大きいといいます。

 現在知られる兵馬俑はほとんどが無彩色の状態で出土します。彩色がほどこされたことは分かっていたが、幾たびも襲ってきた土石流の影響など、地下にあった2000年の歳月は容赦でなく、その色を奪っていました。

 ところが、99年、奇跡的に彩色が残ったものが数体まとまって発見されました。「跪射俑(きしゃよう)」です。オリジナルな彩色が残る兵馬俑の中でももっとも状態がよいです。最新技術による保存処理も成功しました。

 博物館は1号坑、2号抗、3号抗、秦始皇帝銅車馬陳列館から構成されていて、当時の秦の製造技術の高さをそのままの形で見ることができます。

兵馬俑銅車馬の展示

 会場に展示されている2台の銅車馬は、1980年12月に陵墓の西から20メートル離れた場所で発見され、展示にあたって精巧に修復されました。

 銅車馬は、それぞれ約3,400の部品からなり、4頭の馬によって運転されました。2番目のものは長さ3.17メートル、高さ1.06メートルです。青銅の馬は、高さ65cmから67cm、長さ120cmです。それぞれの重さは合計1,234kgになります。

 銅馬車はおもに銅製ですが、金と銀の装飾品が1,720個ありその合計は7kgになります。銅馬車は、精巧に作られていて、鮮やかあり、中国で有名な銅製の遺物の中で最高の保存とランクを誇っています。これらの2つの馬車は、世界で発見された古代の銅の像の中で最大のものです。

[PR]
by xiantabi | 2018-01-20 12:37 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com