西安発華山ツアー

華山は、五岳の一つで、険しいことで知られており、登山道は、曲がりくねり、12キロに渡って続き、至る所すべて断崖絶壁である。かつて太華山といわれていた華山は、西安の東に120キロ離れた華陰市にある海抜2200メートルの山で、中国国家急の景勝地である。華山の名所旧跡は多く、廟宇道観、亭台楼閣、雕像石刻などが至るところで見られる。その昔、太崋山と呼ばれていた崋山は海抜が2160mで、現在は中国最大級の観光地である。五岳(中国の五大名山の総称)の中でも、崋山はその「険しさ」で有名です。山登りの道は延々と曲がりくねっており、あちこちに断崖絶壁があるほど険しいので、「崋山一筋」とも言われている。崋山には名所旧跡もたくさんある。廟宇、道観(道教の寺院)、亭、楼閣、彫像、石刻などは随所に見られる。比較的有名な名所は玉泉院、真武宮、金天宮だと言われている。また、崋山から北に7 km離れている西岳廟は、はるか昔、西岳崋山の神を祀る古い廟だったとの言い伝える。

崋山のケーブルは全長1550mで、その麓から北峰の頂上までの間、なんと800 m弱の高低差を誇っておりそこからの断崖や峡谷の絶景は圧巻である。そのため、崋山は老若男女と国内外を問わず多くの方々が美しさを堪能できる観光名所であるとも言える。華山の五つの峰の中で、東峰(朝陽)、西峰(蓮花)、南峰(落雁)が比較的高い。東峰は、日の出を鑑賞するベストスポットで、西峰の東西両側はハスの花のように見え、華山で最も美しく、南峰の落雁は、華山最高峰である。特に、朝日を見るのにベストなスポットは東峰である。西峰は東西の両側がハスの花のようにみえるので、ハスの峰と名付けられた。これも崋山の一番秀麗で特異な峰だと言われる。また、最も標高が高い峰は南峰の大雁峰です。そのほかには、中峰(玉女峰)と北峰(雲台峰)も観光客に親しまれている。

[PR]
by xiantabi | 2018-01-30 13:08 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com