中国西安ツアー

雨岔大峡谷丹霞地形は、陝西省延安市甘泉県の北西50キロの下寺湾?に位置する。陝西省甘泉県下寺湾鎮の雨岔溝にある雨岔大峡谷は美しい自然に囲まれている。雨岔大峡穀は高さ7〜8メートル、幅約1メートル、長さ約800メートル。峡谷に入ると、壁の美しい曲線が様々な柄を作り、「岩石のダンサー」のような光景を見ることができる。甘泉県から下寺湾?へは38キロ、下寺湾?から雨岔大峡谷へは、12キロで、これは、普通な郷土の道、いまは。雨岔大峡谷は、丹霞地形峡穀の群落で、面積は、数十平方キロメートルの範囲で、この峡谷は、四つの溝があり、龍巴溝峡谷、花豹溝峡谷、南河溝峡谷(牡丹溝)、樺樹溝峡谷である。地質専門家の話により、雨岔大峡谷丹霞地貌グランドキャニオンを「黄土高原の自然地球縫い奇観」はスリット型谷、アメリカアリゾナ州のカモシカグランドキャニオンに似ている。

龍巴溝峡谷
龍巴溝峡谷は、長さ2 . 5キロで、四つの峡穀の中で最も長い溝で、龍巴溝は、入り口と出口、同じで、ひきかえそ。龍巴溝峡穀の形成について、地質専門家により、億万年前、陝北の強い地震が起きた黄土高原、山の別れの割れ目、幅が狭くて、後、億年高原豪雨による山津波が起こって、地表切断を洗い流していた独特の峡穀の地形。
南河溝峡谷
南河溝峡穀で、地元の人により、溝の近くで野田牡丹と名付けた。この渓谷は二つの溝があり、溝は長くない、約40、50メートルの長さは高い。穴にある「石花洞」、昼ごろ、光照射洞?を横切って、岩壁が映っていたの洞?上を見上げて真っ赤な、まるで一輪の「菊」を頭の上に開放して、夢の幻想的な光の世界。
樺樹溝峡谷
樺樹溝峡谷は、長さ約800メートル、これは振り返る道のない溝。素晴らしいの峡穀、樺樹溝。
午後2時ごろに時間は、日差し最高の時間帯で、強烈な日光透過峡穀の裂け目、岩壁に絶えず屈折で魅力的な色を呈し、明るいオレンジから綺麗な赤い宮殿。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-09 11:16 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com