西安観光案内

洛陽は中華文明の発祥地の一つであり、洛河両岸に夏、商、周、漢魏と隋唐代の都の遺跡が残されており、「五都会洛」(五大古都が洛陽に設置されることを指します)の名もあります。これらから我々は、洛陽の輝かしい歴史、奥深い文化の内容、そして保存された中から、豊富な文化遺産を想像することができます。河洛文化は「人文の祖」とされています。洛陽はかつて「豫州」と呼ばれ、洛河の陽(川の北)に位置していたので、「洛陽」と改称されました。夏、商、東周、東漢、曹魏、西晋、北魏、隋や唐といった十三の王朝が、ここに都を建てた歴史は1529年に渡り、洛陽に城を建てた歴史も、4000年になろうとしています。中国で建都が最も早く、歴史が最も長く、朝代が最も多い古都として、現在洛陽は、我が国の有名な歴史文化都市と七大古都の一つです。龍門石窟は、中国の三大石刻芸術の宝庫の一つです。白馬寺は中国で最初にできた仏教寺院であり、「道徳経」、「漢書」と「資治通鑑」もすべて洛陽で作成されました。洛陽は、黄河の北に接し、南に嵩山、白雲山、花果山と冠山が聳えています。その上、洛陽の牡丹は、天下の人々に絶賛されて、「花の都」としても有名です。http://www.xiantabi.com
[PR]
by xiantabi | 2018-02-10 14:47 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com