洛陽観光

洛陽は、中華人民共和国の河南省西部にある古都です。黄河の支流の一つである洛水が流れていることが地名の由来です。
誰もが知っている少林寺は、洛陽近郊にありますよ。洛陽は「九朝の古都」とも呼ばれ、歴代の王朝文化が栄えた古都だけに数々の歴史遺産がある都市。もちろん観光の見どころも多くありますが、西安と比べて、落ち着いた雰囲気の都市です。そのため、日本でいう奈良に例える方もいるようです。さて、この見どころが多い洛陽の観光ポットを7つご紹介しましょう!洛陽観光の情報としてお役立てくださいね。
洛陽博物館
洛陽博物館は、洛陽の中心に位置する博物館で、洛陽の人気観光スポットです。博物館は、1958年に設立された洛陽西工区にある旧館と、2011年に設立された洛龍区にある新館があります。いずれは新館に移行することになる予定です。
博物館には、洛陽近郊出土のコレクションが展示されています。特に有名なのは、唐三彩のラクダを始めとした唐三彩コレクションや陶磁器などです。唐三彩とは、唐の時代に作られた人や動物、壺などの焼き物を言います。
洛陽地区で唐の時代の墓から出土した副葬品、鎮墓獣(ちんぼじゅう)は、新館の方に展示されています。
洛陽を訪れたなら、新旧両方の博物館を観光するのもいいですね。
龍門石窟
龍門石窟は、中国四大屈関の一つで、洛陽から南に6kmの峡谷にあります。世界文化遺産に登録されている龍門石窟は、洛陽の有名観光スポットです。中国国内で最も完全な保存状態の石窟群で、石刻塑像芸術が高く評価されています。
遠目からだと、まるでハチの巣のように穴が開いて見える石窟の数は、2300個といわれています。塑像に至っては10万体もあるそうです。石窟の塑像の大きさもさまざまで、最大17.14mから最小2cmの幅があり、それぞれがすばらしい石刻です。
また塑像は、北魏時代と唐時代の2つの時代に作られており、タイプが違うので見比べてみるのも観光の楽しみですよ。

[PR]
by xiantabi | 2018-04-17 15:01 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com