西安漢陽陵観光

西安漢陽陵観光案内
漢陽陵博物館
西安市街より空港へ向かう途中にある博物館で、前漢6代皇帝の景帝とその皇后の陵墓を葬った合葬墓である陽陵を中心に作られた博物館です。 陽陵で出土した、武士や女官などの陶製俑は、この博物館の必見です。

陝西省咸陽市渭城区正陽鎮張家湾に位置しています。公元前153年設立され、公元前126年竣工し、28年もかかった、敷地面積20平方キロ。今の漢陽陵博物館は中国敷地面積最大な博物館になります。漢陽陵は西漢王朝の四代目の皇帝である景帝・劉啓と皇後王氏の陵園です。1980年以降、漢陽陵の周辺に大規模な考古発掘により、たくさんの彩陶俑や金器、青銅器が出土されました。

漢陽陵文物展室
漢陽陵文物展室は漢陽陵にあり、大型の地下博物館である。漢景帝劉启(前188-前141)は文帝の子で母は竇皇后。前157年、32歳のときに皇帝となった。16年間在位し、前141年に未央宮で亡くなると陽陵に葬られた。

[PR]
by xiantabi | 2018-06-03 10:45 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com