陜西省旅行観光ガイド

陝西省は、略称は秦、または三秦。古代中国の長安一帯を含む地域。省内には黄河が流れ、中国のほぼ中央に位置し、黄土高原が広がる。北部は内蒙古自治区と接し、砂漠である。東部は、山西省と河南省、西部は寧夏回族自治区と甘粛省、南部は四川省?重慶市、東南部は湖北省と接している。南部を秦嶺山脈が東西に走る。北部の冬は乾燥し寒く、夏は非常に暑い。南部は雨がより多い。陝西省は中国内陸部の中央、黄河の中流に位置し、総面積が約21万平方キロメートル、人口が3739万人に達する。省内の夏は暑く冬は寒く、四季がはっきりとしている。年間平均気温は7−16℃で、旅行シーズンは3−11月。

陜西省の域内には、山間地帯もあり、平原もあり、地形が複雑である。南北が高く、中央部が低いのはその基本的な特徴。北から南へと、三つの特色ある自然区域が形づくられ、北部は陜西北部黄土高原で、中央部は「八百里秦川」と称されてきた関中平原、南部は秦巴山区である。陜西省北部の黄土高原は標高800〜1300メートル、総面積の約45%を占める。省都西安は北西地区でも最も工業の発達した都市である。西安は陝西省の省都で、総面積が9983平方キロメートル、人口が753万人に達する、中国西北地区最大の都市である。西安、延安、楡林、安康、漢中のいずれにも空港があり、西安咸陽国際空港が西北地区最大の空港である。早くも2000年以上昔に、中国から始まるシルクロードは中国と中央アジア、南アジア、西アジア、そしてさらに遠くのアフリカ、欧州などの国々を結びつけ、沿線諸国の文化交流、貿易往来の重要な街道となった。

陝西は西周(紀元前1046−771年)時代初期にその名がつけられた。春秋戦国時代は秦に統治されていたため、略称は「秦」。後世の人々は陝西北部、関中、陝西南部をまとめて、「三秦」と呼んだ。秦の都ー咸陽、前漢と唐の都長安が有った地であり、シルクロードの起点とされることもある(シルクロード:長安-天山回廊の交易路網)。北部の延安は中国革命の聖地として名高い。 呉旗は、長征の終了宣言が出された街である。省中部にある西安は、旧時長安と呼ばれ、漢や唐など古代王朝の都であった。中国六大古都の一つで、「兵馬俑坑[へいばようこう]」や「碑林」などの旧跡が多い。市内には黄河などの河がある。秦の始皇帝陵、兵馬俑、黄帝陵など72の歴代の帝王陵墓が省内に散在している。法門寺、西安碑林、陝西歴史博物館、西安古城壁など歴史的観光スポットが多い。また、延安は中国革命ゆかりの地で、鳳凰山革命旧址を始めとする革命旧址が多い。

[PR]
by xiantabi | 2018-06-12 11:09 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com