五丈原 諸葛亮廟 西安観光 西安発三国遺跡五丈原ツアー

亮廟
五丈原の住所:陝西省岐山県五丈原鎮蔡家坡 
五丈原の概要:
五丈原(ごじょうげん)は、西安(長安)の百十数キロ西、陝西省宝付近の渭水南岸に広がる標高差120mほどの台地です。「原」とは「台地」の意です。
五丈原は中国三国時代に蜀(蜀漢)と魏の対陣した有名な五丈原の戦いの古戦場でした。西暦231年の第4次北伐で、蜀漢の諸亮は五丈原に陣を敷き、魏の司馬懿と持久戦を繰り広げました。戦いの最中、諸亮が病によりこの地で終焉したことは有名です。蜀軍と魏軍の対陣は百日余りに及びましたが、234年8月、諸亮は病死し蜀軍は撤退しました。魏軍は撤退した蜀軍を追撃しようとしましたが、蜀軍は反撃の形勢を示し、司馬懿は慌てて軍を退いていました。人々はこれを揶揄して諺を作り「死せる孔明、生ける仲達を走らす」と言いました。司馬懿は人伝にこのことを聞き、「私は生者を相手にする事は得意だが、死者を相手にするのは不得手だ」(『論語』の「未だ生を知らず、焉くんぞ死を知らん」に基づいたと見られる)と答えたといいます。司馬懿は撤退後の諸亮の陣営を視察し、「天下の奇才」という感想を漏らしました。
五丈原には諸亮廟、三国城(チープなテーマパーク)、麓に諸泉があります。

[PR]
by xiantabi | 2018-07-20 13:07 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com