西安旅行 西安観光 西安兵馬俑ツアー 西安現地ツアー

西安は中国の歴史上最も多くの王朝の都となった都城です。中国文明の発祥地として、「世界四大文明古都」(西安、ローマ、カイロ、アテネ)の一つと認められています。兵馬俑坑は世界遺産に登録され、「世界八大奇跡」と呼ばれます。唐代の著名な高僧玄奘三蔵が経典を翻訳したところ大雁塔、世界で現代まで最もよく保存され、最も大きな規模の古城壁があります。兵馬俑は中国最大の魅力の1つです。中国を訪れるすべての人にとって見ていただきたいものです。戦国時代に中国最強を誇り、2200年前の中国統一を導いた軍隊の精密な実物大の陶製の模型で当時の様子を詳しく伺えるからです。兵馬俑は、世界で最大の考古学的価値のある遺跡のひとつであり、20世紀の最大の発見の一つとも言われています。兵馬俑の発見 始皇帝陵から東へ1.5キロの地点に、世界八番目の不思議とも呼ばれる兵馬俑坑がある。1974年3月、かんばつに窮した地元農民が井戸を掘り始めたところ、二、三メートル掘ると変わった陶器の破片が見つかった。考古学者の鑑定により、ここに始皇帝の地下近衛軍団が配置されていることが初めてわかった。この偶然の発見によって、地下に二千年も眠っていた世界を驚愕させる兵馬俑がようやく日の目を見た。坑は発掘順序に基づき一合坑、二号坑、三号坑と名づけられた。 兵隊俑の平均身長は180センチ、上半身は空洞だが下半身は空洞ではありません。顔の表情はそれぞれ異なり、身分により服装もまちまちでだが、共通しているのは、いずれも手に武器を握っていることだ。一部の俑にはまだ色彩が残っています。馬の高さは1.5メートルで西域の大宛の馬に似て、足が速いと言われています。兵馬俑はこの場所の付近の粘土を材料にして、彫刻などの手法を施し、最後に窯に入れて焼いて作られました。殉死制度のあった時代に人間に代わって陶製の人形を殉死品とすることから、人類文明の進歩を窺うことができます。兵馬俑博物館内のおもな展示 博物館は1号坑、2号抗、3号抗、秦始皇帝銅車馬陳列館から構成されていて、当時の秦の製造技術の高さをそのままの形で見ることができます。兵馬俑の1号俑坑 - 2,000体の兵が並ぶ 兵馬俑1 1号俑坑は、長さ230メートル、幅62メートル、深さ5メートル、総面積14260平方メートル、兵馬俑の数は約六千体で規模が飛行機の格納庫ほどある最大で最も印象的なものです。1979年に観光客に開放されて、本来、兵士と馬の6,000体以上の陶製の像があると考えられていますが、2,000体ほどが展示されています。最も印象的な兵馬俑の写真はほぼ1号俑坑で撮影されています。 すべての兵士と馬は長方形に配置され東に面していて、それぞれ矛、戈、?、戟のいずれかを装備しています。主鋒の前方部隊は、歩兵で3列をなしています。その後方には、重装兵士の主力があり、38台の馬車が同行しています。南、北、西には防衛翼として隊が1列並んでいます。このような壮大な古代軍隊の前に立てば、前進する兵士たちの足音による大地の鼓動を感じることでしょう。すべての人物は、顔の特徴や表情、服装、髪型、身振りが異なり、その当時の軍事、文化、経済史の研究に対して豊かで詳しい資料を与えてくれます。兵馬俑の2号俑坑- 古代の軍隊の謎の解明 1976年に発掘された2号俑坑は、1号俑坑の約20m北に位置しています。全陵墓のハイライトであり、古代の軍隊の謎を明らかにするものです。2号俑坑は、東西に94メートル、南北に84メートル、深さ5メートルで4つの部隊で構成されており、6000平方メートルからなります。 最初の部隊には、ひざをついている騎兵と立っている射手の列があります。 2番目の部隊は戦車の戦列です。第3の部隊は、歩兵、戦車、および兵士との混成から成っています。長方形の列に立って並んでおり、最後尾には重装歩兵が含まれています。 4番目の部隊は、厳密に戦闘配列を形づくっています。兵馬俑の3号俑坑?司令部 3号俑坑は最小です。わずか68体からなり、その多くには頭がありません。すべての人物はが将校であるため、3号俑坑が司令部であることは明らかです。兵馬俑銅車馬の展示兵馬俑銅車馬 会場に展示されている2台の銅車馬は、1980年12月に陵墓の西から20メートル離れた場所で発見され、展示にあたって精巧に修復されました。 銅車馬は、それぞれ約3,400の部品からなり、4頭の馬によって運転されました。2番目のものは長さ3.17メートル、高さ1.06メートルです。青銅の馬は、高さ65cmから67cm、長さ120cmです。それぞれの重さは合計1,234kgになります。 銅馬車はおもに銅製ですが、金と銀の装飾品が1,720個ありその合計は7kgになります。銅馬車は、精巧に作られていて、鮮やかあり、中国で有名な銅製の遺物の中で最高の保存とランクを誇っています。これらの2つの馬車は、世界で発見された古代の銅の像の中で最大のものです。兵馬俑の詳細? カテゴリー、特徴、武器3つのおもなカテゴリー 3つの俑坑での発掘の過程で、約8,000人の実物大の戦陣の形成が明らかになりました。全軍隊は帝をあの世でも守っていることでしょう。 発掘された兵馬俑は、歩兵、騎兵、および戦車の3つの主要カテゴリに分類されます。歩兵は、高位、中位、および低位の将校、軽装甲、重装甲の兵士、立射手と屈射手を含むサブカテゴリにさらに分けることができます。戦車は、さらに、運転手と戦士の2つのサブカテゴリに分けることができます特徴:顔の形、髪型、服装 兵馬俑のすべての人物は、顔や表情、服装、髪型がその階級に応じて異なります。 兵馬俑1顔の形 兵馬俑の顔は大まかに8種類に分類され、それぞれの形は目、国、用、甲、田、由、申、?という中国の漢字であらわされています。例えば、「目」形の顔は比較的狭くて長く見え、小さな特徴を持っています。髪型 古代の髪型は人々のライフスタイルの一部だけではなく、社会的地位の反映でもありました。兵馬俑の兵士の髪型は、軍隊での地位や腕前によって異なります。 兵馬俑の髪型は大きく分けて2つのタイプがあります。1つのタイプは、頭の右側に髷をしているものです。もう1つのタイプは、髪を寝かせて、頭頂で髷を作り、それを頭巾で覆っているものです。 彼らの髪の毛を束ねるために、バンド、リボン、ピンが使われました。服装 兵馬俑の服装は、軍隊での地位や腕前によって異なります。その特徴をいくつか挙げてみましょう。 将軍は、胸、背中、肩を保護する具足の下に2つの上着を重ねて着ています。また、軽量で正面が上向きに曲がった正方形のつま先の靴を履いています。1号俑坑では1人しか見つからず、2号俑坑では、2人しか見つかりませんでした。 装甲兵は、タートルネックで首を覆い、胸や背中、肩が保護された具足を着ています。 騎兵は、薬箱状の帽子、首のスカーフ、軽い具足を着ています。彼らの靴は、足を傷つけないように、つま先が柔らかく丸いものです。 戦車の運転手は、手綱を操るために必要な手や腕を保護する防具をしています。彼らは首の後ろを保護するヘルメットを着けています。武器 多くの兵馬俑は本来、銅の剣、弩、弓、槍、短剣や手斧、その他の長尺の武器などといった当時の本物の武器を持っていました。これらの武器は耐錆性と腐食性に優れているため、2000年以上も埋没していてもまだ鋭いです。 私たちは、西安での一般的な業務以外に、兵馬俑をはじめとする神秘的な観光スポットをいくつか提供しています。旅の日程にこれらのアクティビティを追加する場合は、お問い合わせください。彩色兵馬俑 兵馬俑とは、陶などを素材とする将軍や兵士、軍馬などの人形です。その兵馬俑多数を収めた巨大な地下室が兵馬俑坑で、普通は中国陝西省にある秦始皇帝(前259〜210)の墓所に伴うものを指します。1974年に発見され、世界的ニュースになりました。五つの兵馬俑坑には約8000体もの兵馬俑があるといわれていま交通案内:西安市内から車で1時間西安駅の東広場から5番914番、遊5専用線(306番)にのり、兵馬俑につきます。西安北駅から兵?俑の間に無料バスが運営していますので、当日の列車チケットか、観光スポットの入場チケットを提示すれば、無料で乗ります。http://www.xiantabi.com
[PR]
by xiantabi | 2018-11-07 13:56 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com