西安観光 西安観光オプショナルツアー 西安現地ツアー

陝西歴史博物館
 唐代の建築様式を取り入れた大規模な博物館で、収蔵点数37万点。そのうちの六千点が常時展示されている。
 原始社会から明の時代までの長い歴史を代表する貴重な文化財がここにまとまって収蔵されているので、中国の五千年の歴史を一度に巡ることができる。
 特に注目を集めているのは唐代の壁画展示で、300平方メートルの唐代の壁画から34枚を厳選し公開している。いずれも中国では最高級のレベルに達している。
 これらの壁画には宮廷生活や楽隊、儀仗隊、狩猟風景などが多彩に描かれている。これらは、中国古代絵画の最も重要な遺産である。
展品の類別
 博物館には、現在115000点以上が所蔵されている。その内、登録されたものは41000点以上、未登録のものは74000点以上。(整理されていない金銭はカウントしない) 大半の収蔵品は陝西省博物館から譲渡されたものだ。収蔵品を大まかに分けると以下の八種類になる。
一、銅器。3900点以上が登録済み。商周代から秦漢までの物があり、その種類は礼器、楽器、兵器、車馬器、生活用品、生産工具など。中でも典型的な品は、商周の青銅器など。
二、唐代墓葬壁画。400幅以上。1000?以上。1952年から1989年に陝西関中地区の25ヶ所あった、唐代の墓から採取したもの。唐代の社会を反映している重要な資料。
陶塑人頭像三、歴代の陶俑。登録済みのものが2000点以上。秦漢、北朝、隋唐、宋元明清の時代の物がある。
四、歴代陶磁器。登録済みのものが5000点以上。有史以前の仰韶文化の彩陶、西周の原始的な青磁、漢代の釉陶、唐三彩、古玻璃、瑠璃、唐秘色磁など。その種類は生活用品、文具、副葬品など。
五、歴代建材。登録済みのものが1000点以上。周秦漢代から唐宋明清のものがある。陶製の瓦、瓦当、レンガ、金属などの建築資材。
六、漢唐銅鏡。登録済みのもの800点以上。種類は豊富で、デザインが美しい。吉祥の文句が彫り込まれたものもある。
獣面具七、金銀玉器。登録済みのもの2000点以上。西周の玉製の礼器、春秋秦公大墓出土の金の啄木鳥、西漢皇后玉婆など。
八、歴代の貨幣。登録済みのもの10000点以上。種類が豊富。西周の幣、戦国の刀幣、秦の半両、西漢の金など。
これら八種類のほかに、字画、版本、織物、漆器、石器、印、封泥などもある。
大雁塔
市の南4キロにある。唐の三代目の高宗李治が皇太子のとき、生母文徳皇后の冥福を祈り648年に建てた慈恩寺の境内に立つ塔で、西安のシンボルである。当時の規模はかなり大きかったが、唐代末期に戦乱のため焼き払われ、現存するのは当時の十分の一に過ぎない。
652年にインドから帰った玄奘三蔵法師の願いにより、境内に大雁塔を建て経典を保存することにした。塔は煉瓦でできており、当初は五層の塔であったが、則天武后の時代に大改造を行い十層になった。しかし、戦乱などで上部が崩壊し、現在は七層で、高さは64メートルしかない。内部の木製のらせん階段を登ると、最上部まで行くことができる。
三蔵法師
『西遊記』は唐の玄奘三蔵法師が、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に、さまざまの苦難にあいながら天竺(インド)へ行って仏典を持って帰る話です。
子供のころ誰にも親しまれた冒険物語です。
仏教には3,200もの経典があるといわれますが、その中でもっとも有名なお経が「般若心経」です。
色即是空 空即是色。ギャーテーギャーテー ハラソーギャーテー
一度くらいは聞かれた方もおられることでしょう。
この般若心経は、紀元1〜2世紀の頃インドで生まれました。
ですから、原典は古代インド語のサンスクリット、すなわち梵語です。
この梵語のお経を漢字に翻訳したのが、中国の僧 玄奘三蔵です。
玄奘三蔵(602〜664)、色白で美男子で秀才。
13才で出家し、629年の秋、26才で西安市(昔の長安)からインドへ無許可で出国します。生年と出国の時期については諸説があり、2〜3年程度の幅があります。仏教を学びましたがあきたらず、国禁を犯して28才でインド留学へと向かいます。
命がけの求法の旅、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠、パミール高原、カラコルム峠を越え、やっとの思いでインドの仏教大学ナーランダに到着。
長安出発のとき40人の同行者は、途中の猛獣山崩れ、急流などで死者続出し、2年後には玄奘ただ1人という苛酷な旅でした。
偉人といわれる人には色々な伝説が残っていますが、玄奘にもいくつかあります。
旅の始めの頃、ある寺にいた時インドから来た老僧がハンセン病で苦しんでいた。
玄奘の弟子たちは皆逃げだし、老僧1人で病床に伏せていた。
そこで玄奘は手厚く看病し、薬をすすめ食事一切の世話をする。
このインド僧は感謝して1巻の経典を授ける。
玄奘はこの経典を道中のお守りとした。
玄奘帰国後この経典を漢訳したのが現在の「般若心経」です。
時を経て、その経典が敦煌の石室から発見され、その序文に次のような伝説が記されていました。
インド僧に会ったのちに、玄奘が中インドのナーランダ寺に着いたら、なんとその病僧がそこにいるではないか。
驚く玄奘にその僧は、〜われ観世音菩薩なり〜、と告げて空に消え去った。

[PR]
by xiantabi | 2018-11-08 10:12 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com