西安旅行 西安観光スポット 西安観光 西安現地ツアー

西城門
西安古城壁は、完全に保存されている世界最大の古代城壁として、また世界で最も整った古代の軍事砦として有名である。
現在、西安にある城壁は、唐の長安城を基礎に明の洪武年間(1370年~1378年)にかけて、レンガを積み重ねて築かれた。
城壁は、周囲13912メートル、高さ12メートル、底の幅18メートル、頂部の広さ15メートルある。
厚さが高さより大きい堅固な城壁である。
南門、北門、西門、和平門、文昌門などから城壁に上ることができる。
唐の時代、西安は長安と呼ばれ、その時中国の茶、陶磁器、文化、科学はシルクロードより世界へ伝播されていた。西安には敵から街を守る擁壁が約14kmの長さで構築され、シルクロードの東の起点に西城門がある。シルクロード交流2100年を記念して、1988年に建てられたキャラバンの群像。
当時は現在の西安城壁のさらに外側に、もうひとつの城壁がありました。群像は その城壁の門があった場所に設けられ、"シルクロード起点"といわれています。
西門(安定門)
西安の城壁で最大の西門はシルクロードの発着点ともなりました。(シルクロードへと続く道は、西側の城楼内にあるお土産やさんの窓から見ることができます)
シルクロード起点の群像
シルクロード交流2100年を記念して、1988年に建てられたキャラバンの群像です。 当時は現在の西安城壁のさらに外側に、もうひとつの城壁がありました。群像は その城壁の門があった場所に設けられ、"シルクロード起点"といわれています。
鐘鼓楼
鐘鼓楼の概要
西安の中心地、城壁内にある木造建築で、すでに600年の歴史がある。高さは36メートル。見た目は三階あるように見えるが、中に入って見ると二階しかない。釘を一切使わず、継ぎ目のない一本柱様式の珍しい建物である。上部には大きな鐘が一つ吊るされ、昔はは人々に時を知らせていたという。600年の歴史がある木造建築で、見た目は三階あるように見えますが、中に入ると二階建てであることがわかります。鐘楼から見た鼓楼には、 大きな太鼓がある 。
鐘楼内部
鐘楼は城壁で囲まれた市街の少し南に寄るが、ほぼ中心に立つ。ここを起点として東西南北に4つの大通りが延び、それぞれの城門に通じている。鐘楼は正方形の木造建築で、高さ36m、敷地1,377㎡で、8mの煉瓦作りの土台の上に立っている。現在はテープが流されている。外観は三階建ての様に見えるが、実際は二階建ての建築物である。釘を一本も使っていないのが特徴。 鐘楼内部では中国の楽器に よる演奏が催されていました。

[PR]
by xiantabi | 2018-12-08 08:26 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com