西安観光ツアー

小雁塔は薦福寺の境内にあります。この寺は唐玄宗皇帝の娘襄城公主の住宅と開化坊の半分を占めて、長安城のほぼ中央にその偉容を誇っていました。684年、則天武后が亡くなった夫、高宗皇帝の百日忌明けの行事を機に、その冥福を祈るために建立した寺です。 最初、薦福寺と名付けられ、唐中宗の文明元年に献福寺と改名され、則天武后の天授元年(690年)に旧名に復しました。この寺は唐の末期、戦乱で破壊されましたが、その後、宋、元、明、清の各時代に修理されました。範陽の出身である唐の名僧義浄は671年に洛陽を出発し、広州から海を渡ってインドに到り、30余りの国々を訪ねました。彼はインドに25年間滞在して多くの経典を研究し、その精髄を身に付け、695年、最も大切なサンスクリット経典のうち、400部を長安に持ち帰りました。義浄法師は薦福寺を経典翻訳の道場として706年から728年までの間に56部のサンスクリット経典を漢訳しました。そして、「大唐西域求法高僧伝」という名著を著わしました。この本は中国とインドの仏教文化交流を県境する上で貴重な労作です。唐の開成五年(840年)に日本の留学僧慈覚大師円仁がこの寺に逗留していました、円仁は長安に学び、多くの経典を日本に伝えたばかりでなく、帰国後、延暦寺の堂塔を整備して、日本の仏教に多大な功績を残しました。

小雁塔は唐の景竜年間(707−709)に建造された煉瓦造りの塔です。もともとは15層でしたが、明の嘉靖三十四年(1555)に陜西省地方を襲った大地震の際に、上2層が崩壊し、現在は13層で、高さは43mあります。所謂楼閣式の大雁塔に対して、小雁塔は軒と軒の間隔が狭い密檐式の塔です。煉瓦の隙間には石灰と糯米が塗り込められています。塔身の幅は上に上るにつれて次第に狭くなっていて、緩やかな印象を与えます。塔の外形は古代ギリシア建築の柱にみられるようなすっきりとしたエンタシスの輪郭を呈しています。一階の南北に石門の上の横木には蔓草花紋と天人供養の図像が刻み付けられています。その浮彫の技法は精彩を極め、線は伸び伸びとしていて、唐代の優れた芸術遺産のひとつです。小雁塔に残っている重要な石碑の中に明代の王鶴の碑があります。これは彼が1551年9月28日に書いた有名な歴史の生地です。これには、「薦福寺は唐代に建立され、明代の成化二十三年(1487年)に起こった大地震のため、塔身の真中に下から上まで一尺ほどの裂け目が生じた」、しかし「紋の正徳年末、また大地震があって、この時、塔身が一晩のうちに自然に以前の状態に戻り、まるで神様がその裂け目をくっつけたようだ」という話です。当時の人たちはこれを「神合」と称し,神様の力でくっついたと信じました。

小雁塔には大きな鐘があります。鐘は昔、時刻を告げるためのものでしたが、この鐘の音は毎朝遠くまで響いて、人々の目を覚ましていました。そして長安八景のひとつとなり、雁塔の晨鐘と呼ばれました。小雁塔は1965年に修理されました。この際、塔の内部に階段が設けられ、塔身を強化するため、二、五、七、九、十一階に鉄輪、鉄筋が嵌められて、塔頂には避雷針が立てられました。 今は最上階まで登って西安街を眺望できます。現在の薦福寺境内にはこの煉瓦造りの塔のほか、1192年に鋳造された重さ10トンの鉄鐘があります。塔の南の庭園にはアカシアの老木と石碑、北には白衣閣という建物があります。この中に塔についての資料や写真が展示されていて、小雁塔と薦福寺の建造史と経歴を研究するための重要な資料です。 


[PR]
by xiantabi | 2018-05-10 15:59 | Comments(0)

西安現地旅行会社

西安碑林博物館観光案内
碑林は西安市南城壁魁星楼の下に位置し、碑石は森林のように立っているから、「碑林」と呼ばれる。1992年から「西安碑林博物館」に改名される。西安碑林博物館は孔子廟、碑林、彫石三つの部分を構成される、面積は31900平方メートル。景区内には、碑文、墓誌、書道碑、彫石などがある、顔真卿、柳公?、王羲之等の有名な書道家の作品が見える。儒教文化、道教文化や民俗文化などが融合して、碑林なり文化になる。中国での最古や最も有名な碑林として、貴重な歴史資料や書道芸術の研究に対して、重大な意義がある、また、毎年たくさんの観光客を引き付ける。
西安碑林は昔の西安の孔子廟を基礎として1087年に建てられた。この博物館は石碑展示室、石刻展示室、臨時展示室の3つに分かれている。建築面積は約4000平方m、展示品は約3000点ある。博物館は南北に細長く、門をくぐると木牌坊が見える。右に折れて正面をみると東西両側に展示室が続いている。その間の遊歩道の両側に石造りの動物模様の門柱や八角円堂の碑閣が立ち並んでいる。展示の石碑は漢の時代から清の時代までの各時代にわたっている。石碑には歴史実録、仏教、古代の名著などが刻まれていて、石碑は当時では文化を伝える重要な手段であった。第一展示室には高さ2mの開成石経の石碑が114基あり、碑の両面に65万252の文字が刻まれている。顔真卿の作品は古今を通じて、顔法字として尊重されている。


[PR]
by xiantabi | 2018-05-04 11:27 | Comments(0)

西安兵馬俑観光

秦始皇帝陵( 秦始皇帝陵及び兵馬俑坑 )秦始皇帝陵は、中国陝西省西安の、驪山の北側にあります。ここから1.5kmほど離れたところにある兵馬俑坑は、この副葬坑です。始皇帝は、紀元前221年に中国を統一し、中国史上初めての皇帝となりました。陵墓の建設は、彼が秦王となってからすぐに始められました。約70万人の労働力が投入され、約40年の歳月を費やした後、完成しました。二重の外壁に囲まれ、高さは76mあります。外観は小高い山のようですが、実は、この地下にあるといわれるものがすごいのです。司馬遷の「史記」によると、地下には宮殿があり、侵入者を射る弓が設置され、水銀の川が流れ、天井には宝石と真珠が散りばめられていたそうです。これが事実ならば驚くべきことです。そして、調査により、墳丘の地下30mのところに、東西170m、南北145mの地下宮殿があることが判明しました。なお、水銀の濃度が自然界よりもはるかに高いという調査結果も得られ、水銀の川があったという記述を後押しする裏付けになりました。こうなると、俄然、内部がどうなっているのか知りたくなりますが、残念ながら、発掘調査は進んでおらず、始皇帝の地下宮殿の姿はヴェールに包まれたままです。まだまだ、世界をあっと言わせる大発見が眠っているようですね。http://www.xiantabi.com
[PR]
by xiantabi | 2018-02-14 11:53 | Comments(0)

西安現地発ツアー

陝西歴史博物館
陝西歴史博物館は西安市小寨東路と翠華路の交差点の西北にあり、周恩来元首相の提案で建て始まり、1987年竣工され、1991年6月に開館した中国国立歴史博物館です。敷地総面積は6万平方メートルで、中国最大の現代歴史博物館だと言われます。収蔵点数37万点で、展示品は6000点以上、展示ルートは全長2300メートルに達します。この博物館には藍田猿人の頭蓋骨、土器、青銅器、唐三彩などの陶器、兵馬傭、日本では銅鐸と言われる青銅の楽器ほか諸々、先史時代から周、秦、漢、唐の時代の陝西地方の文物が展示されています。
大雁塔
西安は周代から唐代に至る歴代には国の都として栄えた六朝古都でした。しかし、唐末以後は衰え地方都市になりました。大雁塔は西安市の南へ5キロに位置し、唐の648年に母の文徳濃皇后の菩提を弔うため慈恩寺で創られた塔です。
大雁塔は「西遊記」で知られる玄奘三蔵がインドから帰国後、持ち帰ったサンスクリット語の仏典の保存するめに建てられた建築です。始めは5層で、則天武后の長安年間(701〜705)には重修して10層とし、その後も改修を重ね、現在は7層を存しています。現存しているのは7層で、高さは64メートルしかありません。また塔の南面には両側の龕内に、太宗撰の「大唐三蔵聖教序」及び、高宗撰の「三蔵聖教序記」を刻した碑が建てられています。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-03 12:39 | Comments(0)

西安旅行

『西遊記』は唐の玄奘三蔵法師が、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に、さまざまの苦難にあいながら天竺(インド)へ行って仏典を持って帰る話です。
子供のころ誰にも親しまれた冒険物語です。
仏教には3,200もの経典があるといわれますが、その中でもっとも有名なお経が「般若心経」です。
色即是空 空即是色。ギャーテーギャーテー ハラソーギャーテー
一度くらいは聞かれた方もおられることでしょう。
この般若心経は、紀元1〜2世紀の頃インドで生まれました。
ですから、原典は古代インド語のサンスクリット、すなわち梵語です。
この梵語のお経を漢字に翻訳したのが、中国の僧 玄奘三蔵です。

玄奘三蔵(602〜664)、色白で美男子で秀才。
13才で出家し、629年の秋、26才で西安市(昔の長安)からインドへ無許可で出国します。生年と出国の時期については諸説があり、2〜3年程度の幅があります。仏教を学びましたがあきたらず、国禁を犯して28才でインド留学へと向かいます。
命がけの求法の旅、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠、パミール高原、カラコルム峠を越え、やっとの思いでインドの仏教大学ナーランダに到着。
長安出発のとき40人の同行者は、途中の猛獣山崩れ、急流などで死者続出し、2年後には玄奘ただ1人という苛酷な旅でした。
偉人といわれる人には色々な伝説が残っていますが、玄奘にもいくつかあります。
旅の始めの頃、ある寺にいた時インドから来た老僧がハンセン病で苦しんでいた。
玄奘の弟子たちは皆逃げだし、老僧1人で病床に伏せていた。
そこで玄奘は手厚く看病し、薬をすすめ食事一切の世話をする。
このインド僧は感謝して1巻の経典を授ける。
玄奘はこの経典を道中のお守りとした。
玄奘帰国後この経典を漢訳したのが現在の「般若心経」です。
時を経て、その経典が敦煌の石室から発見され、その序文に次のような伝説が記されていました。
インド僧に会ったのちに、玄奘が中インドのナーランダ寺に着いたら、なんとその病僧がそこにいるではないか。
驚く玄奘にその僧は、〜われ観世音菩薩なり〜、と告げて空に消え去った。
今でも般若心経が、旅行のお守りのお経ともいわれる所以です。
三蔵法師は経、律、論に精通している僧侶に付ける敬称です。ときには三蔵と略される場合もあります。そして三蔵を玄奘の固有名詞的に使うこともあります。

[PR]
by xiantabi | 2018-01-22 17:42 | Comments(0)

西安現地旅行会社

西安のモスク清真大寺 

さきほど紹介したようにこの地区にはイスラム教の寺院が10あります。その中心となっているのが清真大寺です。清真大寺は、西安市街地の鼓楼のすぐ近くの化覚巷にあるため、化覚巷清真大寺とも呼ばれています。また、西安の大学習巷の東側にあるため、東大寺という別名もあります。

清真大寺には院が4つあり、第4院は礼拝大殿と呼ばれ、毎日5回礼拝に訪れる約千人の信者を収容する場所になっています。そのため礼拝大殿はかなり大きく1300?あります。礼拝堂の壁には唐草模様などの伝統的なイスラム芸術があしらってあり、またアラビア文字もたくさん見られます。中国という異文化の中にあるもう一つの異文化で、コスモポリタンの西安らしい観光スポットだと言えます。

名称:西安大清真寺

6.華清池

西安の華清池は、中国の三大美人楊貴妃と唐の玄宗皇帝の恋物語の舞台で知られる離宮です。ここでは3千年前に近くの火山が爆発して、その時に温泉が発見されました。それ以降歴代の皇帝がこの地を、温泉の湧く観光地として開発しました。

楊貴妃が生きていたのは西暦719〜756年ですから、その頃はすでに温泉施設が整っていました。施設には、蓮花湯、海棠湯、星辰湯などの温泉風呂が作られ、楊貴妃は海棠湯を主に利用していました。現在、お風呂は復元され、御湯遺跡博物館として一般に公開されています。


[PR]
by xiantabi | 2018-01-15 09:41 | Comments(0)

成都パンダボランティア

パンダボランティアツアー、成都パンダボランティア、中国パンダボランティア、パンダ飼育ボランティア、中国成都パンダ ツアー、成都パンダ抱っこツアー、中国パンダ幼稚園ツアー、成都パンダオプショナルツアー、成都パンダ抱っこツアー、成都パンダ抱っこ、成都パンダボランティアツアー、成都パンダ ボランティア、パンダ飼育ボランティア、中国保護大熊猫研究中心都江堰基地、成都パンダ抱っこ料金、パンダ センターボランティア、四川 省パンダボランティア、成都パンダ抱っこ、都江堰熊猫楽園、都江堰パンダ基地、中国パンダ触るツアー、都江堰パンダボランティアツアー、雅安パンダボランティアツアー、中国保護大熊猫研究中心都江堰基地、パンダ 抱っこ成都、中国パンダ幼稚園ツアー、成都パンダ現地ツアー、中国パンダ動物園、四川省パンダボランティア、成都パンダ飼育体験及び赤ちゃん抱っこ、パンダふれあいツアー、成都パンダボランティア飼育ツアー、成都パンダツアー、成都パンダ観光、成都パンダ飼育体験ツアー、パンダボランティア健康診断書、パンダボランティア申し込み、都江堰パンダ基地へ行き方法,パンダ赤ちゃん上野動物園,パンダ観覧中国,パンダ赤ちゃん中国



[PR]
by xiantabi | 2017-12-24 17:43 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com