西安 ツアー

延安市(えんあんし)は、中華人民共和国陝西省に位置する地級市です。中国の陝西省北部の都市。西安の北方約250キロの地点にあります。1935年10月に長征を終えて陝西省の呉起鎮に入った毛沢東の率いる中国共産党は、1937年に拠点をこの地に移し、1947年まで本拠として、国民党軍、日本軍と戦った。現在では中国共産党の「聖地」の一つとなっています。1937年から1947年まで中国共産党中央委員会が置かれ、この期間中に毛沢東の党内主導権が確立したことから、中国革命の聖地とされます。延安は陝西省の北部の黄土高原地帯に位置し、現在の気候は大陸性気候で四季ははっきりとしているものの乾燥しています。黄河本流最大級の滝、壷口瀑布があります。秦による統一後も、咸陽あるいは長安の北辺の防衛拠点として重要な位置にあり、引き続き高奴県が設置されています。漢代にも引き続き高奴県は設置されており、漢書地理誌には『高奴県有?水、肥可燃』とあります。これが中国の史書における石油の記述の初出であるとされます。その後、6世紀に西魏により延州が設置され、これ以降は高奴県の名称は消えます。隋代に延州は延安と改称され県から郡に昇格しました。これより後、この地は延安と呼ばれることになります。明朝は延安府を設置、明末には農民反乱の拠点となり高迎祥、李自成、張献忠などが延安地区を拠点に反明活動を行いました。清朝は明朝の制度を踏襲、延安府の下に3州(富州、綏徳州、葭州)、16県(膚施、安塞、甘泉、安定、保安、宜川、延川、延長、清澗、洛川、中部、宜君、米脂、呉堡、神木、府谷)を管轄しました。雍正年間になると三州は直隷州に昇格、延安府の管轄は8県(膚施、安塞、甘泉、安定、保安、宜川、延川、延長)。とされ、乾隆年間に定辺県及び靖辺の2県がその管轄とされました。清代の事跡としては同治年間に張宗禹による農民反乱が発生、左宗棠により鎮圧された事件、清末に延長石油官廠を設置し、中国における初めての油田開発が行われています。1913年、市域には陝西省楡林道が設置されました。1928年に道制が廃止されると各県は省直轄とされましたが、1935年9月に行政督察区制度が施行されると北部は第2、南部は第3行政督察区の管轄区とされました。長征の最終目的地となった呉起鎮(1935年10月到達)から保安を経て、1937年から1947年まで中国共産党中央委員会が置かれ、毛沢東が延安の窰洞を拠点に抗日戦線の指揮を行いました。また、『新民主主義論』『持久戦論』『文芸講話』『連合政府論』など、毛沢東の主要著作とされる論文執筆をおこなりました。これらの事跡によって革命の聖地とされています。1942年1月には行政督察専署が設置され延安市(1949年改称延安県)、富県、甘泉県、志丹県、安塞県、子長県、延川県、延長県、固臨県の1市8県を管轄しました。1949年5月、陝北行政区を設置、楡林、三辺、綏徳、黄竜の4分区及び延安、延長、延川、子長、安塞、志丹、甘泉の直轄県を統括しました。http://www.xiantabi.com
[PR]
by xiantabi | 2018-02-25 16:07 | 海外旅行 | Comments(0)


漢長城遺跡観光案内
漢代長城、玉門関の西から疏勒河の南岸に沿い、安西縣北湖、金塔縣まで延びる漢代長城。玉門関付近が最も保存状態がよい。植物に砂を挟んで積み上げたもので、最も高いところで4mほど。「紀元前121年」酒泉郡が設けられた後に、漢武帝は令居(今の永登)の以西の亭、障、塞を建てはじめた。いわゆる「塞」は長城であり、「亭」と「障」は烽火台であり、大きいのは障と呼ばれ、小さいのは亭と呼ばれる。候官(官職)と候長から兵士を率いて守備し、彼らは開墾することと辺境を守ることの二重の任務を負った。

西は玉門関の西方から疎勒河の南岸に沿って延々と築かれた漢代の長城。2000年にわたって風触されたため現在残された部分は少なく、玉門関付近で最も保存状態の良い長城を見ることができる。砂と葦や紅柳、胡柳を層にして固め、間に烽火台がつくられた。玉門関付近で最も保存状態の良い長城を見ることができる。砂と葦や紅柳、胡柳を層にして固め、間に烽火台がつくられた。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-25 16:02 | 海外旅行 | Comments(0)

西安現地旅行会社

中国,陝西省南西部の市。関中盆地の西端,渭河河畔にある。秦代に陳倉県がおかれ,唐代に宝県となった。古来,抗争の場,交易の中心であり,東は西安,西は甘粛,南は大散関をへて漢中,四川に通じる交通の要所を占める。水利灌漑工事が早くから発達,昇原渠(しようげんきよ)は,7世紀,唐代に,渭河の水を東方の六門堰まで引いたものである。近年,機械,製粉などの工業が発展,〈西鳳(せいほう)酒〉を特産する。宝市は陝西省、甘粛省、寧夏回族自治区、四川省が接する地点、省都の西安、蘭州、成都、銀川の中心に位置する、新ユーラシア?ランドブリッジ上の重要な中枢都市である。総面積は1万8175平方キロメートル、人口は372万人に達する。

市は中国の始祖とされる炎帝が誕生した地であり、周(紀元前1046−256年)、秦(紀元前221−206年)王朝の発祥地である。同市には仏骨舎利が出土したことで有名な法門寺があり、盛唐の時代に皇室の寺院、世界仏教文化の中心となった。太白山国家森林公園、嘉陵江の源、関山草原などの独特な自然景観も、同市の豊富な観光資源である。宝市には豊富な文化財があり、うち青銅器が最多である。現在も毛公鼎や大盂鼎など5万点余りの青銅器が出土しており、「青銅器の里」と称されている。

市(ほうけい-し)は中華人民共和国陝西省に位置する地級市。陝西省の西部に位置し、咸陽市、西安市、漢中市、天水市、平涼市に接する。この地は周王朝および秦の発祥の地であり、周原をはじめ多くの遺跡が残るほか、立派な青銅器が多数出土している。紀元前762年(秦文公四年)に陳倉城が建てられる。前206年、秦の武将章邯は、陳倉で劉邦配下の韓信に敗北する。韓信の策は「明修桟道、暗渡陳倉」の成句となり、陳倉は現在の宝を示す。有名な大散関も、現在の宝にある。228年 三国時代の魏の?昭が寡兵で陳倉城に籠城し蜀漢の諸亮を撃退した。757年(至徳2年)、陳倉山(現在の峰山)の石が鳴いたことより宝に改称された。

この地域は三方を山地に囲まれ、前面に渭河平原を臨み、西には西域(せいいき)に至る隴関(ろうかん)、南には四川(しせん)に至る大散(だいさん)関を控え、関中の死命を制する要地であった。そのため周、秦(しん)、三国の蜀(しょく)など西方から関中に進出しようとする勢力の根拠地でもあった。その中心は鳳翔で、秦に雍(よう)県が置かれて京畿(けいき)である内史に属し、漢には右扶風、その後、扶風郡、岐州と変わり、唐になって鳳翔府となった。現在市の中心である宝には秦漢以来、陳倉県が置かれ鳳翔に属してきた。宝と改名されたのは唐代である。隴海(ろうかい)鉄道が建設されてからは、路線から離れた鳳翔より沿線の宝が発達し、1956年に宝成鉄道(宝―成都)も完成すると、陝西、甘粛(かんしゅく)、四川を結ぶ交通、流通の中心になった。それとともに工業も発達し、機械、鉄鋼、紡績、食品など西安(せいあん)に次ぐ省第二の工業都市に発展している。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-24 15:12 | 海外旅行 | Comments(0)

西安現地ツアー

西安旅行・ツアー 観光スポット
大雁塔
市の南4キロにある。唐の三代目の高宗李治が皇太子のとき、生母文徳皇后の冥福を祈り648年に建てた慈恩寺の境内に立つ塔で、西安のシンボルである。当時の規模はかなり大きかったが、唐代末期に戦乱のため焼き払われ、現存するのは当時の十分の一に過ぎない。
652年にインドから帰った玄奘三蔵法師の願いにより、境内に大雁塔を建て経典を保存することにした。塔は煉瓦でできており、当初は五層の塔であったが、則天武后の時代に大改造を行い十層になった。しかし、戦乱などで上部が崩壊し、現在は七層で、高さは64メートルしかない。内部の木製のらせん階段を登ると、最上部まで行くことができる。
『西遊記』は唐の玄奘三蔵法師が、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に、さまざまの苦難にあいながら天竺(インド)へ行って仏典を持って帰る話です。
子供のころ誰にも親しまれた冒険物語です。
仏教には3,200もの経典があるといわれますが、その中でもっとも有名なお経が「般若心経」です。
色即是空 空即是色。ギャーテーギャーテー ハラソーギャーテー
一度くらいは聞かれた方もおられることでしょう。
この般若心経は、紀元1〜2世紀の頃インドで生まれました。
ですから、原典は古代インド語のサンスクリット、すなわち梵語です。
この梵語のお経を漢字に翻訳したのが、中国の僧 玄奘三蔵です。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-23 14:03 | 海外旅行 | Comments(0)

西安料理

西安料理のレストラン秦府酒肆西安秦府酒肆西安老舗・秦府酒肆秦府酒肆は本場の味を味わえる陝西料理の老舗です。店内の飾り付けは古めかしく趣があります。個室の中にはアンティークな家具が備え付けられています。ここの麺は細くて腰があり、四種の具(肉タレ、トマトのタレ、半乾燥の豆腐と韮の炒めものシイタケのみじん切り)と四皿のおかず(豆、大蒜の薄切り、辣韭、ニンニクの芽の漬物)が取り合わせられています。ここの食器はすべて濃い緑の色なので印象的です。おすすめ料理:刀撥麺、辛しょっぱい海竜糸、白菜漬けと肉の煮込み予算:一人39元住所:高新区高新一路12号D3ビルの一階(創業ビルの裏)電話:029-88339631真愛長安一号西安市真愛集団の傘下のレストランです。古代の長安の風采を表現するデザインになっています。店内の飾り付けはシンプルですが廊下の彫刻は手が込んでおり、店のどこにも長安の味わいが溢れています。真愛長安一号・長安瓢箪壁に刻まれた「昭陵六駿石刻」、曲り角にある「彫刻」、テーブルに置いてある照明、どれでも漢唐の時代の風情に満ちています。長安瓢箪は看板料理として盛り付けにも工夫を凝らしており、皮はサクサクしているのに、中身は柔らかく。。。ぜひご賞味ください。看板料理:長安瓢箪を煮てから蒸し、最後油で揚げて作った料理、形は瓢箪と似ているから瓢箪と名付けられました」、山芋粳米棗、の爪予算:一人185元住所:碑林区長安北路1号工業展覧館(長安立体交差橋の近く)電話:029-85211234蓮花レストラン(高新支店)ここは陝西料理の代表的なレストランです。店内は清潔で、安康の風情に満ちています。陝西南部の名門料理である紫陽蒸し物の盛り合わせは豚足スペアリブの角切り、大根レンコン、豆、ピーナッツを盛り合わせて蒸し、出来上がったらその上にで作った皮の餃子と葱のみじん切りを加え入れてできた料理です。あっさりして香りがよく栄養価にも富んでいます。西安のほかのレストランと比べるとここの味はあっさりしています。干しジャガイモと燻製した肉の炒めものもご飯にぴったりです。祝日には前もって予約したほうが良いでしょう。おすすめ料理:紫陽蒸し物の盛り合わせ、干しジャガイモと燻製した肉の炒めもの、シャオビン予算:一人68元住所:高新区高新路の南端89号(雲頂園コミュニティの近く)電話:029-88899999西安飯荘(東大街支店)西安飯荘西安飯荘・肉??陝西料理の本場の味を味わうならきっとここは一番良い所に違いありません。西安飯荘は1929年に建てられ、20世紀の30年代にはすでに「本場の味を持つ陝西料理」、「陝西の10大特色料理の一つ」として名を馳せていました。ここの陝西風味小吃宴(小吃は軽食の意)は全省から選び出された70種類の軽食からなり、「錦郷の陝西」という美称が与えられています。そのほか、関中の歴史風情に満ちている長安の八景宴と盛唐皇宴などの宴席もここの特色です。老舗ですが店内の飾り付けは豪華で立派です。おすすめ料理:瓢箪、焼き餃子、凉皮(リャンピー)、肉??(ロオジャーモー)、羊肉泡莫(ヤンルーポーモー)、どんぶり魚、棗沫糊(棗を磨り潰して、麦粉と一緒に煮て作ったお粥のような料理)予算:一人75元住所:碑林区東大街298号電話:029-87680883 87680618西安の軽食店老?家飯荘(東大街支店)ここは西安でヤンルーポーモー (豆粒大にちぎっていたナンと、 イスラムの香辛料の入った羊肉シチューの煮こみ料理)の老舗です。1898年に創業して以来、100余年の歴史があります。店構えは大きく立派です。老?家のヤンルーポーモーは調理法に工夫を凝らしているため、肉は柔らかく、スープも濃厚で、香りが豊かで好評を博しています。おすすめ料理:ヤンルーポーモー、大蒜の砂糖漬、ギュウルーポーモー(ヤンルーポーモーの牛肉版)、牛肉の燻製予算:一人40元住所:碑林区東大街264号電話:029-87214438徳発長餃子館(鐘鼓楼支店)徳発長徳発長・蒸餃徳発長は主に餃子を扱っている店で、ここの餃子宴は大人気を博しています。1936年に創建され、長い歴史を持っている名店で、国家レベルのレストランです。西安の中心地である鐘鼓楼広場に位置し、建物は古めかしく店内は豪華で上品です。簡単に食事のできるスペースや宴会場、30室もの高級な個室があります。同時に1200人を収容できます。そのほか、特色餃子宴、種類豊富な水餃子、様々な高級な料理も提供しています。餃子宴はこの店しかありません。おすすめ料理:カニみその餃子、しょっぱい餃子餃子宴予算:一人53元住所:碑林区鐘鼓楼広場の西大街3号(世紀金花の近く)電話:029-87214073同盛祥飯荘(高新支店)西安同盛祥同盛祥・麻醤涼皮同盛祥飯荘は主に牛肉羊肉のポーモーを扱っています。1920年に創建され、伝統的なイスラム料理、イスラム小吃(軽食)、秦川しゃぶしゃぶ、海鮮料理なども扱っています。一階で西安の有名なイスラム小吃(軽食)、二階と三階は牛肉羊肉のポーモー、イスラム教の料理を食べることができます。四階は秦川しゃぶしゃぶ、海鮮料理が食べられます。同盛祥飯荘の牛肉羊肉のポーモーは肉が柔らかく、スープも濃厚で香りがよく、本場の味わいで有名です。おすすめ料理:ヤンルーポーモー、麻醤涼皮(練り胡麻かけの涼皮、涼皮とはコメで作られた麺の皮。)、冷やし中華予算:一人61元住所:高新区科技路34号欧?園A座NOVO 2階電話:029-88352698 88352699春発生飯店春発生飯店春発生飯店・精?葫芦?春発生飯店は陝西の名物「瓢箪頭ポーモー」で名を知られている老舗で、1920年に創建されました。瓢箪頭とは実は大腸のことです。豚の大腸、胃袋に工夫を凝らして調理し、大蒜、キムチ、辛ソースなどの具を加え、詰めてできた料理です。スープは濃厚で香り豊かです。おすすめ料理:葫芦?泡?(瓢箪頭ポーモー)、精?葫芦?(精腸瓢箪頭)、辣子蒜羊血(唐辛子と大蒜かけの羊血)、泡菜??肉(キムチかけの棒々肉)。予算:一人34元住所:碑林区粉巷南院門25号電話:029-87253694樊記蝋汁肉??(ロオジャーモー)(竹笆市支店)1925年に樊鳳祥親子により創建されました。蝋汁肉とは鍋で煮込んだ肉で、普通の肉より柔らかく味もよいです。食材、調味料、火の加減に工夫を凝らしている上に、何度も煮出した濃いスープを加えているのでここの蝋汁肉は他店の物とは違う絶品です。皮はサクサクして、肉の赤身と脂身のバランスがよく取れているので、柔らかくて口に入れたら溶けてしまいそうです。そのほか汁も具もいっぱいあり一個食べたらお腹いっぱいになります。値段はちょっと高めですが列に並んで買う人はいつも絶えません。おすすめ料理:蝋汁肉??(ロオジャーモー)、醪糟(粳米で作られた甘酒)、春雨スープ予算:一人12元住所:碑林区竹笆市街53号(阿房宮映画館の近く)電話:029-87273917西安五一飯店1946年に創建されました。主に黒ゴマの団子、五色シュウマイ、太後餅など国家レベルの大賞を受賞した小吃(軽食)を扱っています。五一風味、麻辣羊血などの料理は「中華名菜名点」に登録されていたほか、五一饅頭シーリズ、五一の蝋汁肉??(ロオジャーモー)、ふわふわ揚げなど10種類の小吃(軽食)は「中華名小吃」、「陝西名小吃」に指定されています。予算:一人20元住所:碑林区東大街351号電話:029-87681098?三灌湯包西安?三灌?包?三牛肉灌?包灌湯包は食材に工夫を凝らし、作り方もすぐれています。灌湯包の皮は小麦粉をお湯で練り、餡は豚バラ肉と新鮮な豚骨から作られ、十種以上の調味料を加えて作っています。味がよく、肉が柔らかく皮が薄く、見かけも綺麗です。スープも濃厚で油はあるがしつこくありません。回民街支店は一番の人気店で、毎日、多くの人が押し寄せています。おすすめ料理:灌湯包(ガンタンバオ)、牛肉灌?包、八宝粥(8種の食材で作ったお粥)、三鮮灌?包予算:一人23元住所:碑林区西羊市回民街北院門93号(鼓楼の近く)電話:029-87257507李老四蝋牛肉??庶民の街に隠れた本物の軽食店です。西安の??は肉??、菜??、??の3種に分けられています。イスラム教の肉??と言えば、やはり李老四に限ります。牛肉の香りは濃厚で?はサクサクで、肉は柔らかく、脂身と赤身のバランスもよくとれているので食べやすいです。肉??を食べるとき春雨スープは付き物です。熱いうちに食べるのが一番おいしいです。予算:一人29元住所:碑林区建設西路(百脳?コンピュータ売り場の近く)老米家泡莫(ポーモー)噂によるとここのポーモーが一番、おいしいそうです。スープの味がよく脂っこくありません。無料の大蒜の砂糖漬けと一緒に食べると、あっさりして美味しいです。前菜でもいけます。一皿3元で新鮮でサクサクしていて食べ得です。おすすめ料理:羊肉ポーモー予算:一人29元住所:碑林区東大街589号(案板街の南口)電話:029-68015618 15191811460定家小酥肉地元で有名な老舗です。小酥肉の肉は柔らかくスープもおいしく、西安の代表的な味と言えます。しかし肉ばかり食べると脂っこく感じるかもしれないので、その時にはキムチと梅ジュースを一緒に食べるのが相性ぴったりです。その他、托托?と梅ジュースの取り合わせもおいしいです。「味がよく、値段は安く、食べやすく、特色がある」はここの特徴だといえます。おすすめ料理:小酥肉、梅ジュース、ご飯予算:一人20元住所:碑林区大皮院西口223号電話:029-87334853Biangbiang麺(南院門支店)ここは西安で最も本場の味を持つビンビン麺です。陝西の人が作り出した美味しいメニューです。店の名前は書きにくく、読みにくいです。「生麺の幅は広く、柔らかいがコシがある。長いが切れにくく、厚いが硬くない」という特徴があります。タレは「ひき肉トマト炒めもの+ソース」でできています。他の麺類もお勧めです。値段は安いので食べる価値ありです。http://www.xiantabi.com
[PR]
by xiantabi | 2018-02-22 17:48 | 海外旅行 | Comments(0)

西安観光ガイド


 陝西省は中国西部地方の中でも雲南省やチベットと比べても簡単かつ安全な所です。省都である西安は過去4つの王朝時代で中心地になったところです。そしてまたシルクロードの東の端でもあります。今日では兵馬俑で有名です。

 中国の他の主要都市から飛行機入り、他の地へ向かう経由地として西安は最もおススメです。もし飛行機に乗らずに列車の場合でも北京から(最低6時間)500元くらいで行くことができ、その本数もたくさんあります。列車に揺られる道すがら途中にある山西省の平遥古城といった魅力ある観光地にも立ち寄ることもできます。

西安は中国の歴史上最も多くの王朝の都となった都城です。中国文明の発祥地として、「世界四大文明古都」(西安、ローマ、カイロ、アテネ)の一つと認められています。兵馬俑坑は世界遺産に登録され、「世界八大奇跡」と呼ばれます。唐代の著名な高僧玄奘三蔵が経典を翻訳したところ大雁塔、世界で現代まで最もよく保存され、最も大きな規模の古城壁があります。西安は中国西部の有数の大都市として交通は発達しています。中国大陸の中心に位置し、中原.華北と華東と繋がる要所です。西安は中国西北の沿線地域で経済の最も発達している西部の中心都市として、東西を貫き、南北を結ぶ重要な地位を保っています。そのほか西安は陝西省の「米」型の鉄道網の交通の要で、中国の国道網の中枢、中国の八つのハブ空港の一つでもあります。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-21 13:51 | 海外旅行 | Comments(0)

張掖丹霞地貌は甘粛省張掖市から約40キロ、臨沢県の郊外に位置し、510平方キロにわたる大地が様々な色彩に染まられる。丹霞とは赤い堆積岩で形成されたカルスト地形のことである。張掖丹霞地貌は規模が大きく、形が不思議、中国丹霞地貌の最大、形の最も豊富な地域の一つである。「中国の最も美しい七大丹霞地貌」の一つと讃えられている。隆起した地形が長年の風雨の浸食により、様々な形の奇岩となってそそり立つ景観は圧巻です。氷溝に存在する隆起した地形は独特で、窓格子形、柱廊形、断崖形、キノコ形、ラクダの形や、夫婦が礼拝をしている様、宮殿のような広大な丹霞、まるで大地から根を張って雄大に立っているような力強いものまで多種多様に存在しています。東洋のモニュメントバレーと呼ばれる風光明媚な絶景を堪能。張掖丹霞地貌は白亜紀の赤みがかかった砂岩や礫岩隆起してできた絶壁のようなむき出しの地形です。この丹霞地貌には、様々な鉱石が含まれており、日光を浴びる事によって色を変えます。

平山湖大峡谷は、張掖市から56キロへのところです。ここの峡谷は深いで、鍾乳石は奇特で、大自然の創造力は山体刻まれ割絵画で、人間に対して魅力がある山水絵巻で、北の張家界と呼ばれました。風景区は、南北幅約7キロで、東西長さ約9キロ、総面積は7万ムーほどです。『中国地理雑誌』により、中国の「グラムローラ多グランドキャニオン」と評価されて、観光客に対して、絲路新発見というシルクロードの新しいポイントです。峡谷の特徴は、渓谷流水で、山勢が低くて平坦で、小さな山は多円錐あるいは柱状、キャラになります。土地の色は、主に紅白と赤を基調色赤褐色、やや暗いです。渓谷の幅2キロから15キロの間で、峡谷は北高南低になっています。公園の南東部は山々が重なって、最高の海抜は3633メートルで、独特の自然景観になります。赤いグランドキャニオン山石、峡底からトップまで分布しているからカンブリア紀新生代各時期の岩石層、レベルははっきりして、色合いはそれぞれ異なって、含まれる各地質年代の生物化石があります。

[PR]
by xiantabi | 2018-02-18 10:37 | 海外旅行 | Comments(0)

西安観光旅行ガイド

 陝西省は中国西部地方の中でも雲南省やチベットと比べても簡単かつ安全な所です。省都である西安は過去4つの王朝時代で中心地になったところです。そしてまたシルクロードの東の端でもあります。今日では兵馬俑で有名です。

 中国の他の主要都市から飛行機入り、他の地へ向かう経由地として西安は最もおススメです。もし飛行機に乗らずに列車の場合でも北京から(最低6時間)500元くらいで行くことができ、その本数もたくさんあります。列車に揺られる道すがら途中にある山西省の平遥古城といった魅力ある観光地にも立ち寄ることもできます。

西安は中国の歴史上最も多くの王朝の都となった都城です。中国文明の発祥地として、「世界四大文明古都」(西安、ローマ、カイロ、アテネ)の一つと認められています。兵馬俑坑は世界遺産に登録され、「世界八大奇跡」と呼ばれます。唐代の著名な高僧玄奘三蔵が経典を翻訳したところ大雁塔、世界で現代まで最もよく保存され、最も大きな規模の古城壁があります


[PR]
by xiantabi | 2018-02-15 14:25 | 海外旅行 | Comments(0)

西安兵馬俑観光

秦始皇帝陵( 秦始皇帝陵及び兵馬俑坑 )秦始皇帝陵は、中国陝西省西安の、驪山の北側にあります。ここから1.5kmほど離れたところにある兵馬俑坑は、この副葬坑です。始皇帝は、紀元前221年に中国を統一し、中国史上初めての皇帝となりました。陵墓の建設は、彼が秦王となってからすぐに始められました。約70万人の労働力が投入され、約40年の歳月を費やした後、完成しました。二重の外壁に囲まれ、高さは76mあります。外観は小高い山のようですが、実は、この地下にあるといわれるものがすごいのです。司馬遷の「史記」によると、地下には宮殿があり、侵入者を射る弓が設置され、水銀の川が流れ、天井には宝石と真珠が散りばめられていたそうです。これが事実ならば驚くべきことです。そして、調査により、墳丘の地下30mのところに、東西170m、南北145mの地下宮殿があることが判明しました。なお、水銀の濃度が自然界よりもはるかに高いという調査結果も得られ、水銀の川があったという記述を後押しする裏付けになりました。こうなると、俄然、内部がどうなっているのか知りたくなりますが、残念ながら、発掘調査は進んでおらず、始皇帝の地下宮殿の姿はヴェールに包まれたままです。まだまだ、世界をあっと言わせる大発見が眠っているようですね。http://www.xiantabi.com
[PR]
by xiantabi | 2018-02-14 11:53 | Comments(0)

西安観光ガイド

シルクロードの起点としても有名な西安は、古くから東西交流の中心としても欠かせない街でした。 そんな自らの持つ歴史と、様々な文化が融合されてできた西安の雰囲気ある種独特で、 一度西安を訪れてすっかり気に入ってしまいその後何度も足を運ぶ方も少なくない街です。

西安東線
西安旅行のハイライト地域です。世界遺産に登録されている始皇帝陵や兵馬俑、 玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンスで有名な華清池等があり、西安に観光目的で訪れるほとんどの方がこの地域を訪れます。 現在、西安駅より306バスが出ていて、公共バスなので値段も安く便利なのですが、このバスの回りには多くの客引きがいます。 タクシーで兵馬俑に行くことを誘ってきたりしますが、特に注意していただきたいのはミニバスの客引きです。 
「兵馬俑!兵馬俑!」等と言ってきますが、彼らのミニバスに乗っても直接兵馬俑に着くことはなく、兵馬俑近くで「このバスは直接兵馬俑まで行かない。」 等と理由を言われて降ろされ、彼らとグルになっているタクシーに乗せられ、運転手が「兵馬俑まで5元で行くからその代り土産を買いに行こう。」 等と言ってきます。それを拒否して途中で降ろされる話もあります。

西安西線
西安の西線はアショカ王から仏教の仏法を広げるために各地に送った仏舎利(お釈迦様の骨)が見学できる 法門寺や唐代の高宗と則天武后の合葬墓である乾陵等に代表される観光スポットが数多くあります。しかし、各観光スポットへのアクセスは非常に不便で、 公共の交通機関を利用しての観光は困難です。しかし、東線にも負けないくらいの見ごたえのある史跡が多いので、ぜひ一度訪れることをお勧めします。


[PR]
by xiantabi | 2018-02-13 11:46 | 海外旅行 | Comments(0)

西安ツアー、西安現地ツアー、西安現地旅行会社、西安現地旅行代理店、西安観光、西安観光ツアー、西安観光ガイド、西安観光サイト、西安兵馬俑ツアー、西安シルクロードツアー、http://www.xiantabi.com